仏教学コース 仏教を通して、自分の生き方を見つける。

新着情報

一覧へ

このコースがめざすこと

仏教の智慧を現代の社会に活かす。

ブッダにはじまった仏教は、インド・中国・日本、そしてアジア全域に広まり、各地域の思想や宗教、文化と融合しながら影響を及ぼしていきました。仏教学コースは、このような仏教の思想・歴史・文化、現代社会との関わりなどを幅広く学んでいきます。仏教の基礎であるブッダの教えを知ることで現代社会を生きるための智慧を理解し、また仏典を読解するための語学を学び、仏画や仏像などの美術や多様な文化への洞察も深めることで、教員から学芸員まで幅広い仕事に活かせる専門知識も身につけていきます。

3つのポイント

01 「基礎用語」の学習からスタートします。

仏教学コースの学習は、仏教学・仏教文化の基礎用語や様々な文献を読解するために必要な基礎知識の習得からスタートします。はじめて仏教に触れる学生のための授業科目やオリジナル教材も用意しています。

02 日本人と仏教の関わりの深さを学びます。

仏教伝来以来、1500年にわたって、四季折々の行事のみならず、仏教は私たちの毎日の生活に深い関わりを持っています。仏教学コースでは、長い伝統を持つ「日本の中に生きる仏教の教えと文化」に目を向けます。

03 「グローバルな仏教」を学びます。

アジア各地ばかりでなく、現代では欧米にも影響を及ぼしている仏教。仏教学コースでは、世界各地の仏教文化も考察します。また、多くの教員が海外との学術交流を行っており、仏教を世界に発信する術を学びます。

教育方針

アドミッション・ポリシー(AP)

1.仏教の教えを基本から広く学びたい人
2.仏教の思想と文化を深く追求したい人
3.仏教の精神を自分のものにして、地域や社会に貢献したい人

カリキュラム・ポリシー(CP)

カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシー(DP)

①知識・理解
仏教の思想と文化に関する幅広い知識を身につけ、それを活用して、より深く求め、分析することができる

②思考・判断
仏教の思想と文化に関する幅広い知識に基づき、自ら問題意識を持って、創造的に思考・判断することができる

③技能・表現
仏教の思想と文化について、文章や口頭で表現するための必要な技術や能力を身につけている

④関心・意欲・態度
仏教を学ぶことに対して意欲的であり、仏教を学んだ者としての社会的責任を自覚し、節度をもって行動できる

カリキュラム

カリキュラム

期待される主な進路

僧職 / 各宗派本山・団体職員 / 公務員、公的施設職員、社会教育主事など / 教育機関、教育産業 / 美術関連、芸術関連 / 教員、大学院での研究 / マスコミ、出版関係 / 博物館、資料館、図書館などの職員 / 福祉施設、医療施設 / 海外NGO職員 / その他一般企業(冠婚葬祭業、出版、サービス業など)

大学院への進学、教員、公務員としての道、一般企業への就職など幅広い可能性があります。日本文化の根底にある仏教思想を学び、その教えと文化を体得することにより、社会のさまざまな分野での活躍が期待できます。

担当教員

名前 専門分野
教授 大塚 伸夫 真言密教とインド密教
勝崎 裕彦 般若経研究を中心とした大乗仏教菩薩思想の研究、ことわざ研究
木村 秀明 真言教学、密教学
塩入 法道 中国仏教、天台の教学、法華経の思想・文化
苫米地 誠一 日本仏教、特に平安時代を中心とした真言密教
西村 実則 釈尊伝、インド部派仏教
野口 圭也 インド密教の教理と図像
林田 康順 法然浄土教と浄土宗学
元山 公寿 密教学・真言教学、密教の言語観
准教授 石川 琢道 中国浄土教
勝野 隆広 天台教学、現代仏教教化論
神達 知純 中国天台教学、法華経の思想・文化
木村 周誠 天台教学、中国仏教の研究
曽根 宣雄 法然浄土教と浄土宗学
種村 隆元 インドにおける仏教文化全般
堀内 規之 真言密教
専任講師 木内 尭大 法華思想、天台教学
佐々木 大樹 密教学
長島 潤道 大乗仏教の歴史と思想
米澤 嘉康 インド仏教の文献と思想

「資料請求」「お問合せ」はこちらから。お気軽にお問合せください。