国際教養コース 世界が、日本文化を見つめている。

新着情報

一覧へ
  • 2017/2/14

    「日本の伝統美研究B」-茶道のお点前拝見!

  • 2017/1/15

    「日本の伝統美研修A」小原流家元・小原宏貴先生特別授業

  • 2016/12/9

    大來尚順氏・特別講義「カンタン英語から考えるブッダの教え」

国際教養コース紹介動画

国際教養コースの魅力を動画でご覧いただけます。

 

 

このコースがめざすこと

「仏教」と「日本文化」の魅力を世界に発信できる国際派人材を育成。

英語が話せるだけでは国際人とは言えません。大切なのは何を伝えるか。国際教養コースでは、アクティブラーニングを通して日本の伝統文化や芸術、衣食住の文化を体系的かつ体験的に学びます。日本ならではの「おもてなし」の心をビジネスに活かすなど、新たな価値を生み出す「創造力」、人に伝える「プレゼンテーション力」など実社会で必要なスキルも身につけます。同時に、少人数指導で徹底した英会話教育を行い、日本という国の魅力を世界に発信し、国際社会で活躍できる真の国際人の育成をめざします。

3つのポイント

01 ベルリッツの徹底した少人数指導により、英会話力を養成。

英語教育で歴史と実績のあるベルリッツと連携し、「使える英会話力」を身につけます。高校で英語に苦手意識を持っていた学生も、基礎から楽しく学べるプログラムです。

02 アクティブラーニングによる日本文化の実体験と理解。

着物を着て茶道を体験したり、本格的な華道に挑戦するなど、実践教育を通じて日本の伝統文化に実際に触れながら、日本の歴史や文化、日本人の心について体感的に学びます。

03 実社会で役立つスキルを磨きます。

「京都で『お茶席』を体験する」「外国人に江戸文化を伝える」など、自分の興味・関心に合わせて選んだテーマにチームで取り組む機会を通し、課題発見能力や課題解決能力を身につけます。

教育方針

アドミッション・ポリシー(AP)

1.英語を使って国際的に活躍したい人
2.日本文化の魅力を世界に発信したい人
3.華道や茶道など日本の伝統文化を学びたい人

カリキュラム・ポリシー(CP)

カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシー(DP)

①知識・理解
日本文化と仏教に関する幅広い教養を身につけ、それを活用して、国際的な視野からより深く求め分析することができる

②思考・判断
日本に関する知識に基づき、国際的な課題に対して、自ら問題意識をもって、創造的に思考・判断することができる

③技能・表現
日本文化、日本人の心について、日本語や諸外国語で表現し世界に発信するための必要な技術や能力を身につけている

④関心・意欲・態度
日本を学ぶことに対して意欲的であり、日本人の心を学んだ者として国際社会における責任を自覚し、節度をもって行動できる

カリキュラム

カリキュラム

期待される主な進路

観光・旅行業 / アミューズメン卜・イベント業 / フード業 / 官公庁 / その他サービス業 / 一般企業

外国語の運用能力やコミュニケーション能力、そして日本の文化や伝統をしっかり学ぶことで、「国際社会で活躍できる真のグローバル人材」として、観光・旅行業、アミューズメント・イベン卜業など、サービス業をはじめとした各業界での活躍が期待されます。

担当教員

名前 専門分野
教授 大塚 伸夫 真言密教とインド密教
勝崎 裕彦 般若経研究を中心とした大乗仏教菩薩思想の研究、ことわざ研究
木村 秀明 真言教学、密教学
塩入 法道 中国仏教、天台の教学、法華経の思想・文化
苫米地 誠一 日本仏教、特に平安時代を中心とした真言密教
西村 実則 釈尊伝、インド部派仏教
野口 圭也 インド密教の教理と図像
林田 康順 法然浄土教と浄土宗学
元山 公寿 密教学・真言教学、密教の言語観
准教授 石川 琢道 中国浄土教
勝野 隆広 天台教学、現代仏教教化論
神達 知純 中国天台教学、法華経の思想・文化
木村 周誠 天台教学、中国仏教の研究
曽根 宣雄 法然浄土教と浄土宗学
種村 隆元 インドにおける仏教文化全般
堀内 規之 真言密教
専任講師 木内 尭大 法華思想、天台教学
佐々木 大樹 密教学
長島 潤道 大乗仏教の歴史と思想
米澤 嘉康 インド仏教の文献と思想
助教 野村島 弘美 英語によるコミュニケーション、アート・文化

「資料請求」「お問合せ」はこちらから。お気軽にお問合せください。