文化財・考古学コース この知識、この技術、現場でどう使う?

新着情報

一覧へ
  • 2016/12/17

    出雲見学旅行―考古学・塚田先生ゼミレポート―

  • 2016/11/19

    【御堂島正先生 岩宿文化賞受賞!】授賞式が行われました

  • 2016/11/14

    見学旅行の報告-仏教工芸史-

このコースがめざすこと

実物から生きた情報を読み取り、考察する。

歴史が残した様々な対象とアクティブに向き合いながら、文化財(美術史・工芸史)、考古学、文化財保存学などの分野を総合的に学びます。仏像や工芸品などを学ぶ「美術史・工芸史」、遺跡や発掘出土品などを学ぶ「考古学」、美術館・博物館の実務について学ぶ「博物館学」、文化財を守る「文化財保存学」について、経験豊かな教員陣が実物の土器なども用いて実践的な指導を行っています。また、美術館・博物館、寺社、発掘現場などにも出かけ、体験的な学びを数多く取り入れることで、文化財という「物」から「生きた情報」を読み取り、考察する力を伸ばしていきます。美術史・工芸史、考古学、博物館学、文化財保存学などを総合的に学びたい人たちのためのコースです。

3つのポイント

01 学びの柱は「文化財(美術史・工芸史)」「考古学」「博物館学」「文化財保在学」。

「文化財」では仏像や彫刻、工芸品の知識や美術史・工芸史について学びます。「考古学」では遺跡や、そこからの出土品について理解を深めていきます。

02 本物で学ぶ。現場で学ぶ。

資料や文献を調べるだけでなく、「実物を間近で見ること。現場に足を運んで学ぶこと」を文化財・考古学コースでは大切にしています。

03 進路は「博物館」だけではありません。

資料収集やそれらを調査分析、管理する能力は、博物館・美術館の学芸員や研究者に留まらず、教育、官公庁など、多様な業界・企業で活かすことが可能です。

教育方針

アドミッション・ポリシー(AP)

1.日本・東洋の美術品・工芸品、原始古代の遺跡や出土品、博物館・美術館・古寺などに興味がある人
2.疑問に対して、調べること、考えることが好きな人
3.日本・東洋の歴史と文化について多少の知識をもつ人

カリキュラム・ポリシー(CP)

カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシー(DP)

①知識・理解
日本および日本に関係する東アジアの歴史や文化の知識を身につけ、自ら探究することができる

②思考・判断
文化財の観察と分析を通して、事実を明らかにする思考力を身につけている

③技能・表現
文化財を研究するために必要な基本的能力を持ち、その成果を表現することができる

④関心・意欲・態度
歴史を学んで得た知識と能力をいかし、社会に貢献することができる

カリキュラム

カリキュラム

期待される主な進路

博物館・美術館・資料館などの学芸員/文化財修復・調査関連/教員、教育関連企業/公務員(文化財保護行政)/観光業・旅行会社、マスコミ、出版社などの関連企業/その他一般企業

文化財や遺跡などの調査・研究・保存をする仕事、教育・出版・観光関係など、文化を守り、継承していくための人材として、さまざまなフィールドが広がっています。自治体、一般企業やマスコミなど、多様な進路選択が可能です。

担当教員

名前 専門分野
教授 加島 勝 仏教工芸史、文化財学
副島 弘道 日本美術史(彫刻史)、文化財学
塚田 良道 考古学、博物館学
御堂島 正 考古学

「資料請求」「お問合せ」はこちらから。お気軽にお問合せください。