環境政策コース

卒業研究発表会を開催しました

1月17日、環境コースの卒業研究発表会が2号館8階で開催されました。卒業論文を提出した4年生は全員が、口頭で研究発表を行い、質疑応答をすることが必要です。この日も約5時間を使って、学生たちが用意したスライドを使い、順番に自分の研究発表をしてもらいました。
DSCN9648
この卒業研究報告会には4年生だけでなく、来年卒業論文を書かなければならない3年生にも毎年参加してもらい、どの発表が良かったか、そして自分はどのようなテーマで卒業論文に取り組みたいかについて、考えていきます。
DSCN9645
真剣な面持ちで、同級生の発表に耳を傾ける学生たち。自分の発表が近くなってくるとかなり緊張してきている模様。。
DSCN9655
ひとりだけ、どうしても全国大会の都合でこの日の卒業研究発表会に出席することが叶わなかった学生については、事前に個別で特別に発表会を開催。少人数で質疑応答をし、先生方から熱心な指導が行われました。これも良い経験となった模様です。
DSCN9643
無事に発表会が終了!講評の後、4年生と先生方とで全員で記念撮影。4年生のみなさん、お疲れ様でした!
DSCN9661
4年生は来週最後のワークショップがあります。そして卒業論文の審査を経て、無事卒業の単位が揃えば、3月に卒業ということになります。それまであと少し!残り少ない最後の学生生活を、ぜひとも楽しんでください。

環境コースの今年の卒業論文の題目は、以下のようになりました。
  • ダムの必要性に関する社会面・環境面からの検討
  • 日本庭園と庭園環境について
  • ビオトープによる環境問題の解決に関する考察
  • 子どもの健康と生活環境
  • 高齢の飼い主とペットの現状と課題について
  • 図書館の現状と課題について
  • 左利きとスポーツの環境研究
  • 森林浴のストレスの低減効果について
  • 日本における米離れの現状を踏まえた米にまつわるフリーペーパーの作成
  • 埼玉県南部付近のビオトープ
  • スポーツ環境について
  • 環境教育の授業実践に関する考察
  • 化学物質が生物に与える環境影響
  • 清瀬市のバリアフリーについて
  • 展示から見る水族館の社会的機能
  • 日本の生き物を取り上げた教材の作成
  • スポーツにおける音楽環境の効果について
  • 埼玉県環境科学国際センターにおける環境教育の在り方
  • アメリカザリガニの食利用の可能性
  • 犬の殺処分をなくすための政策研究ー東京都を事例にー
  • アロマテラピーに用いられるエッセンシャルオイルの環境影響に関する研究
  • 生物を呼び込む為の公園ビオトープ造りについて
  • 動物園における解説板の有効性について
  • 卓球と健康
  • 屠畜業に対する差別の実態と意識啓発について