人間科学コース 「人間」には、不思議がいっぱい。

新着情報

一覧へ

この学科がめざすこと

複眼的に「Life」をとらえ、総合的に理解する。

人間とは、じつに複雑なものです。しかし、この複雑系をそのままに把握することはできません。むろん、人間も動物です。だが、その「心理」や「身体」も社会や文化によってとても多くの根本的な影響を受けています。人間科学科では、人間の生活や生命、生涯を表す「Life」に着目し、それを複眼的かつ総合的に学びます。「人間発達科目」では身体科学や発達心理学、心の認知科学、感情心理学などを、「現代社会生活科目」では社会心理学、文化の社会学、職場の社会学などを、「現代心理社会科目」ではライフコース論、ジェンダー論、メディアと社会などを、幅広く、かつ総合的に学習します。

3つのポイント

01 多彩かつ充実したゼミナールで段階的に学ぶ

人間科学科には、多様なゼミナール・演習授業がそろっています。基礎ゼミナールに始まり、心理学実験基礎演習や社会学基礎演習、身体科学実験基礎演習、人間科学専門演習・応用演習などで、学年ごとに複眼的かつ総合的な学力を養います。

02 実験・観察、そして調査。実証するスキルを学ぶ。

「Life」を複眼的に把握するための多角的な「科学的な通路」があります。それが、心理学研究法A・Bや社会調査法A・B・C、社会統計学Ⅰ・Ⅱ、そして、社会調査実習です。これらの研究法によって、仮説を立て、データを集め、実証するスキルを養います。

03 自分で「問い」を発見し、深化させる複眼的思考を学ぶ。

私たちの日常は多くの「不思議」であふれています。しかし、それに気づくためには豊かな教養が不可欠です。社会学や心理学、身体科学などを基礎から学習することで、見逃されていた不思議を「問い」として発見・深化させる複眼的な思考を養います。

教育方針

アドミッション・ポリシー(AP)

1.身近な人たち、異なる文化や価値観を持つ人々の生活や人生に多面的な関心のある人
2.人間の行動や心理に対する理解を深めたい人
3.家族や学校、地域、職場で生じている問題や、文化・環境・メディアなどの在り方に関心を持っている人

カリキュラム・ポリシー(CP)

カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシー(DP)

①知識・理解
「Life」(生活・人生・活動)に関連することがらを複眼的に理解し、分析するための多面的知識を身につけている

②思考・判断
探究と発見を繰り返すことを通じて、「Life」について論理的に考えることができる

③技能・表現
「Life」を科学的に分析し、その結果を論理的に表現できる

④関心・意欲・態度
「Life」に関連する課題に対して他者と協働して意欲的に取り組むことができる

⑤社会性・倫理・人間観
社会のなかでの自らの位置を知り、時流にとらわれることなく、「Life」を豊かにすることができる

カリキュラム

カリキュラム

期待される主な進路

報道・出版 / 広告関係 / 企画・調査 / 商品開発 / 金融・保険 / 公務員・警察・NGO / 観光(ホテル・旅行業) / 小売り・卸売り

人と接すること、ライフサポートを希望する学生は、商品販売、保険、住宅販売などの仕事に。習得した分析力や説得力を活かしたい学生は、広告や出版、IT業界、商品企画や販売計画などの仕事に。なおグループワークで培った自らの考えを伝える力、グループをまとめる力は、幅広い職業に活かせます。

担当教員

名前 専門分野
教授 井出 裕久 産業社会学、社会調査論
今村 成夫 図書館情報学、資料論、情報検索論
内田 英二 運動生理学、健康科学、分子遺伝学
大野 道夫 青年文化、新しい社会運動、文化の社会学
アール キンモンス 近・現代日本の社会史
澤口 恵一 家族社会学、ライフコース論
長谷川 智子 発達心理学、食行動の心理学に関する研究
張江 洋直 社会学理論、社会学史、メディア論
准教授 荒生 弘史 生理心理学
荒川 康 環境社会・地域社会学
谷田 林士 社会心理学、対人援助の心理学に関わる研究
専任講師 井関 龍太 認知心理学

「資料請求」「お問合せ」はこちらから。お気軽にお問合せください。