宗学コース 僧侶になる。その先を見つめる。

新着情報

一覧へ
  • 2017/3/17

    【浄土学研究室だより】杏葉会主催 第4回法然上人御忌会

  • 2017/1/20

    【浄土学研究室だより】H28大正大学浄土宗夏期実践仏教道場

  • 2017/1/17

    【天台学研究室だより】水曜礼拝ならびに霜月会のご報告

このコースがめざすこと

祖師の教えを実践し、現代社会に活かす道を探る。

宗学コースでは、「天台学コース」「真言豊山学コース」「真言智山学コース」「浄土学コース」という大正大学設立4宗派のコースを設けています。各宗派の僧侶に必要な知識と技術を実践的に学ぶとともに、宗学の基礎であるインド・中国から日本までの全仏教を総合的に学ぶことができます。このコースがめざすのは、祖師の教えを学び、学生一人ひとりが僧侶として生きる目標を確立すること。仏教と実社会の関わりも視野に入れながら、宗派の教えを現代社会に活かすことができる人材を育成します。

3つのポイント

01 仏教学の知識を基礎から学びます。

専任教員は20名。4年間一貫の少人数教育の体制を整え、仏教全般の基本的な教養や各宗派の教学、宗史、法儀について基礎からしっかり学びます。多様な経歴を持ってこのコースに進学する学生に対応します。

02 儀礼を正しく執行する力を実践的に学びます。

国内外で仏教研究や儀礼に関して実績を積んだ教員が学生を指導。各宗派の専門知識を習得するとともに、法儀研究に取り組む授業や「教え」を実践する場を豊富に用意し、儀礼を正しく執行する力を身につけます。

03 現代社会に対応した教化・伝道を学びます。

宗学コースでは、地域社会や一般社会で活躍する僧侶・仏教者の育成をめざします。実社会と連携するプログラムを多数用意するほか、社会教化に関する科目を配置。「社会教化者養成講座(シャースタ講座)」も設けています。

教育方針

アドミッション・ポリシー(AP)

1.仏教各宗派の教理・歴史などに興味を持ち、より詳しく学びたい人
2.天台宗、真言宗豊山派、真言宗智山派、浄土宗、時宗などの各宗派の僧侶をめざす人
3.仏教の精神を自分のものにして、地域や社会に貢献したい人

カリキュラム・ポリシー(CP)

カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシー(DP)

①知識・理解
仏教ならびに宗学に関する幅広い知識を身につけ、それを活用して、より深く求め、分析することができる

②思考・判断
仏教ならびに宗学に関する幅広い知識に基づき、自ら問題意識を持って、創造的に思考・判断することができる

③技能・表現
仏教ならびに宗学について、文章や口頭、儀礼などで表現するための必要な技術や能力を身につけている

④関心・意欲・態度
仏教ならびに宗学を学び続けることに対して意欲的であり、仏教者としての社会的責任を自覚し、地域社会における福祉に貢献しようとする態度を身につけている

カリキュラム

カリキュラム

期待される主な進路

僧職 / 各宗派本山・団体職員 / 公務員、公的施設職員、社会教育主事など / 教育機関、教育産業 / 美術関連、芸術関連 / 教員、研究者 / マスコミ、出版関係 / 博物館、資料館、図書館などの職員 / 福祉施設、医療施設 / 海外NGO職員 / その他一般企業(冠婚葬祭業、出版、サービス業など) /

※所属宗派によって進路は異なります

仏教を学んだ者として自らを律し、他者の立場に立って考え、行動する姿勢が身につきます。さらに、祖師の思想と行動を理解し、それを現代に活かす力と努力を惜しまない心が育まれます。

担当教員

名前 専門分野
教授 大塚 伸夫 真言密教とインド密教
勝崎 裕彦 般若経研究を中心とした大乗仏教菩薩思想の研究、ことわざ研究
木村 秀明 真言教学、密教学
塩入 法道 中国仏教、天台の教学、法華経の思想・文化
苫米地 誠一 日本仏教、特に平安時代を中心とした真言密教
西村 実則 釈尊伝、インド部派仏教
野口 圭也 インド密教の教理と図像
林田 康順 法然浄土教と浄土宗学
元山 公寿 密教学・真言教学、密教の言語観
准教授 石川 琢道 中国浄土教
勝野 隆広 天台教学、現代仏教教化論
神達 知純 中国天台教学、法華経の思想・文化
木村 周誠 天台教学、中国仏教の研究
曽根 宣雄 法然浄土教と浄土宗学
種村 隆元 インドにおける仏教文化全般
堀内 規之 真言密教
専任講師 木内 尭大 法華思想、天台教学
佐々木 大樹 密教学
長島 潤道 大乗仏教の歴史と思想
米澤 嘉康 インド仏教の文献と思想

ドミトリーについて

希望者には、学生用のドミトリーをご用意しています。詳細はこちらをご覧ください。

「資料請求」「お問合せ」はこちらから。お気軽にお問合せください。