教職コース 先生になることだけが目的じゃない。

新着情報

一覧へ

このコースがめざすこと

「教育学」「人間理解」「現場体験」の三本柱で、人を育てる力を持った人間へ。

「先生になりたい!」という学生の夢を実現するために、教職コースは「教育学」「人間理解」「現場体験」の3つを柱として、教育者としての土台づくりを進めていきます。教員免許状取得に必要な専門知識・教育実践能力を学ぶと同時に、学内はもちろん地域や実際の教育現場での実習を通し、人を育てる大切さ・難しさを理解し、コミュニケーション能力も高めていきます。また、教育学だけではなく、心理学、哲学、宗教学、社会学など多彩な学問領域も学ぶことができ、広い視野から「人を育てること」にアプローチすることが可能です。

3つのポイント

01 中学・高校、そして小学校の教員に。

中学校の社会、高等学校の公民・地理歴史の教員免許状が取得できます。中学校・高等学校の教員だけでなく、通信教育を活用することで小学校教諭二種免許状(※)の取得も可能です。
※明星大学通信教育部の科目等履修制度を利用。詳細はお問い合わせください。

02 「教育学」と「人間理解」「現場体験」の三本柱で教育を展開。

実習や現場体験の機会を豊富に用意しています。単なる「教員養成コース」ではなく、教員としての知識・実践能力を学ぶと同時に、コミュニケーション能力や人間性を高めることも狙いとしています。

03 豊島区と連携。実践的な教育者を養成します。

豊島区と協定を結び、教職コースの学生を区内の小・中学校へTAとして派遣しています。現場を経験することで教育現場への理解、実務能力を高めることが狙いです。

教育方針

アドミッション・ポリシー(AP)

1.先生になりたい人
2.学校などの教育機関で働きたい人、将来教育に関わる仕事がしたい人
3.「人を育てること」に興味がある人

カリキュラム・ポリシー(CP)

カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシー(DP)

①知識・理解
教育や教職についての知識を広く習得し、現在、我が国の教育が直面している問題について正しく理解している

②思考・判断
教育に関連する多様な科学的知見を活用して教育・教職や、その方法についての思考・判断能力を高めようとしている

③技能・表現
教育の現場で働くための基本的な技能、能力を身に付けている

④関心・意欲・態度
教育に関する様々な活動に関心を持ち、自らの将来との関連においてこれを捉え、意欲的に能力開発に努めている

カリキュラム

カリキュラム

期待される主な進路

中学校・高等学校教員 / 教材開発・教育関連出版社 / 教育コンサルタント / 各種スクール経営 / 人材開発会社 / 福祉施設 / インストラクター

教員はもちろんのこと、教育に関連したさまざまなフィールドでの活躍が期待されます。さらに、「人を育てること」に関する知識・能力やコミュニケーション能力を活かすことで、教育に限らずさまざまな分野で能力を発揮することができます。

担当教員

名前 専門分野
教授 高橋 秀裕 数学・数学史、科学史・科学哲学
滝沢 和彦 教育思想史、授業論、学校論
館 潤二 社会科教育学、公民科教育学
准教授 犬塚 美輪 教育心理学、認知心理学
助教 三浦 巧也 教育学、心理学

「資料請求」「お問合せ」はこちらから。お気軽にお問合せください。