学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

教員プロフィール

加島 勝カシマ マサル
文学部 歴史学科
教授

私は自分で課題を見つけ、その課題に対して自分なりの答えを見つけることが本当の学びだと思っています。ですから学ぶことはたいへん苦しいことかもしれません。しかし、それを乗り越えて答えを見つけたときの楽しさ・嬉しさを大学生活ではぜひ味わって欲しいと思います。

役職
大学院担当 史学専攻
学位 博士(文学)
専門 仏教工芸史、文化財学
専門に関する簡単な説明 仏教工芸品がインドからどのような経緯で日本に伝わり、どのように受容され展開したかを実物作品に即して明らかにする研究をしています。
オフィスアワー 春学期:月曜日2限 秋学期:月曜日2限
研究分野 歴史,文化,仏教,芸術