地域連携・社会貢献

「まち」が大学になる、大学が「まち」になる

お知らせ

【報告】第6回すがも鴨台花まつり・5月あさ市を実施しました!

5月18日(土)「第6回すがも鴨台花まつり」特別イベントが、
「あさ市」と同時開催されました。

すがも鴨台花まつり」では、
巣鴨駅前商店街・巣鴨地蔵通り商店街・庚申塚商栄会と協力のうえ、
大正大学から巣鴨駅の間を季節にちなんだ花で彩ります。

巣鴨がかつて種の街として賑わっていたことにもちなみ、
お釈迦様の生誕をお祝いする「花まつり」として、
花をきっかけとした街づくりに取り組んでいます。

18日(土)には、大正大学から巣鴨駅にかけて、
華やかな袴姿の学生が練り歩く「お練り行列」が行われました。

商店街の道端に飾られた花、
「あさ市」や「座・ガモール」の案内を配りながら練り歩く学生達を通して、
数々の何気ない会話が生まれていました。

こうした小さなきっかけ作りを、コツコツと積み上げていきたいと思っています。

毎月第3土曜日に開催している「あさ市」もその一つです。
 5月の特集コーナーでは、長野県箕輪町にブースを出していただきました。

特産品のりんごをまるごと搾った濃厚な「与古美のりんごジュース」、
「アルプスの風選べるりんごジュース」のほか、採れたての「コシアブラ」や「フルーツトマト」を販売。

昨年の地域実習でお世話になった学生もブースに入り、あっという間に完売してしまいました。

ご協力いただいた箕輪町の皆様、ありがとうございました!


来月6月は、山形県最上町&長井市が出店してくれる予定です。
ご期待くださいませ。