地域連携・社会貢献

「まち」が大学になる、大学が「まち」になる

お知らせ

【報告】阿南市との連携協定に基づく研究「令和2年度 成果報告書」が完成



大正大学では、徳島県阿南市と包括連携協定を結んでいます。
この度、令和2年度の連携協定に基づく研究に関する「成果報告書」が完成しました。

当初、令和2年度の事業としては、例年の地域創生学部実習に加え、「関係人口」に着目した調査研究、および市内高校生と地域・企業との交流を推進する「高校生ミライ会議」を柱とする予定でした。

しかし突如発生した新型コロナウイルス感染症の影響を受け、計画を修正して実施することとなりました。


「関係人口」に関する調査研究は、中島ゆき 地域構想研究所 主任研究員が中心となり、現地調査を制限して実施しました。
「高校生ミライ会議」は対面での会議は開催せず、これまでダイジェストとしてまとめていた「高校生ミライ新聞」の形を変える形で実施。地域創生学部実習もオンラインでの実施となりました。

大幅な軌道修正を強いられた年度でしたが、関係各所の皆様からのご協力もあり、それぞれ無事に成果を残すことができました。
ご指導ご協力いただきました関係者の皆様に、心より御礼申し上げます。


「令和2年度 成果報告書」(PDF)はこちらからご覧いただけます。

「別紙:関係人口を核としたシティプロモーションの検証」(PDF)はこちら。