地域連携・社会貢献

「まち」が大学になる、大学が「まち」になる

お知らせ

【報告】田中仁准教授(日本文学科)が“としまコミュニティ大学”に登壇しました



2021年11月13日、としま区民センター(東京都豊島区)で開催された「としまコミュニティ大学」の講座にて、田中仁准教授(文学部日本文学科)が登壇しました。

としまコミュニティ大学とは、豊島区と区内7大学が協働する公開講座の事業です。
人と人が繋がり、新たな活動へと繋がる「学びの循環(わ)」を作ることで、いきいきとした地域づくりを目指しています。

今回も前回に引き続き、一部の方が会場から、それ以外の方はオンラインで受講するハイブリッド形式での開催となりました。

「江戸の名所と文学の世界」をテーマとして、地誌や絵図、詩歌を手掛かりに、江戸の名所と文学の関わりやその魅力についてを解説しました。

終盤には多くの質問をいただき、時間内に回答できなかったものもあるほど、受講者の方にも大変関心を持っていただけた講義となりました。

大正大学からは次回、2022年1月22日(土)に「経済学者が見る多国間国際交渉の現場」をテーマとして、地域創生学部地域創生学科の米崎克彦専任講師が登壇する予定です。