学部・大学院

DEPARTMENT

仏教学部 仏教学科 仏教学コース

仏教学部 仏教学科仏教文化遺産コース

最新テクノロジーで、仏教文化遺産の魅力に迫る。

こんなキミに学んでほしい

  • 仏教学・美術史学・文化財学など幅広い専門分野から学びたい人
  • 最新技術を駆使し、設立四宗派と時宗がもつ文化遺産から学びたい人
  • 京都・奈良などを中心としたフィールドワークから学びたい人

この分野が学べます

  • 仏教学
  • 美術史学
  • 文化財学

このコースのめざすこと

仏教を中心とした文化遺産に関する幅広い知識を身につけ、最新テクノロジーを活用し、新しい分野を切り開く意欲のある人。最新テクノロジーによって保存・表現し、人々の心に伝えていくため、仏教学科と歴史学科が連携し、2023年度「仏教文化遺産コース」を開設します。このコースでは、国内外で調査・検証のフィールドワークを展開しながら、仏教が生み出した建築や芸術、芸能、文芸など、日本の文化に影響を与えてきた仏教文化遺産を研究します。
仏教学科、歴史学科の教員に加え、多様なフィールドワークを行いながら、各地の寺院関係者、博物館、地域有識者、事業家など「さまざまな人から学ぶこと」を重視しています。

仏教学科 中村 夏葉 専任講師

このコースのポイント

  1. 1

    仏教の学びを基にした文化遺産へのまなざし

    仏教信仰の中で生み出されてきた文化遺産を深く学ぶためには、文化財や文化遺産に関する専門知識だけではなく、仏教の知識も必要です。仏教の歴史や考え方についてゼロから学び、その知識を文化遺産の学びへと展開させていきます。仏教学に精通した教員陣がそろっており、仏教を初歩から体系的に学ぶことができます。

  2. 2

    文化が生み出された現場を見て・感じ・考える

    実践的に文化遺産へアプローチするために、フィールドワークを展開します。文化が生み出された現場に立ち、実際のモノを見て触れることによって、座学からだけでは得られない情報や感覚的な気づきがあります。日本の仏教文化の基礎となる京都や奈良でのフィールドワークの他、様々なプログラムを計画しています。

  3. 3

    最新テクノロジーを活用して文化遺産を学び、次代へつなぐ

    高精細デジタル技術をはじめとする最新テクノロジーを活用して文化財を分析する方法を学び、鋭い観察眼と考察力を身につけます。そうして得られた知識や情報と成果を、次にどのように人々へ伝え、社会へ還元することができるか、を考え実践していきます。

カリキュラム・授業内容

このコースでは、1・2年次からインド・中国・日本の仏教を基礎から学びながら、平行して多彩なフィールドワークを「学び」の中心に配置しています。これは、知識と実践の融合により、知識を深めていくことを目指しています。3・4年次では、最新のテクノロジーを活用した学びなどを含め、各人の興味に応じた分野を専門的に学び、卒業論文・卒業研究へつなげていきます。

期待される主な進路

  • 地方官公庁
  • 文化事業者
  • 観光業者
  • 寺院関連業
  • 仏教関連団体職員
  • 地方マスメディア
  • 文筆業
  • 学校教員
  • NPO・NGO
  • 学術研究者
  • 博物館学芸員

宗教者だけでなく、大学院への進学や教員・公務員としての道、一般企業への就職など、幅広い可能性があります。日本文化の根底にある仏教思想を体得することで、さまざまな分野での活躍が期待できるでしょう。

教育方針

ディプロマ・ポリシー(DP)

仏教学科は、大学が掲げている教育ビジョン「4つの人となる」を、生涯を通じて体得していこうとする学生を育成するために、仏教学科の教育課程を修了し、以下の資質・能力を備えた学生に学位を授与します。

知識技能
  1. 仏教学科の学び(仏教学・宗学・国際教養)に関する幅広い知識と研究方法を身につけている。
  2. 仏教学科の学びで得た知識と研究方法や技能を、現実社会の中で活用できる。
思考判断表現
  1. 仏教学科におけるさまざまな学問的領域について、自らの学びの対象とした研究や方法論を通じて多面的に思考・判断することができる。
  2. 自ら学び体験したことを、他者や地域社会・世界に向けて、論理的・創造的に表現することができる。
  3. 知識集約型社会を見据えて、自らの専門分野の学問領域と他の学問領域を統合的に学び、多面的・重層的な思考をすることで、複雑で多様な現代社会の課題に応えることができる。
関心意欲態度
  1. より良い社会の形成と発展のために、多様な価値観を認め、他者と協働しながら、仏教学科での修学内容を主体的かつ実践的に活かそうとする姿勢を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(CP)

仏教学科は、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示した資質・能力を総合的に身につけている学生を育成するために、仏教学コース、宗学コース及び国際教養コースにおいて、以下のカリキュラムを編成します。

教育内容

(1)仏教を中心とした思想・歴史・文化に関わる幅広い知識と研究方法を身につけ、またそれらを現実社会の中で活用できる能力を身につけるために、各学年において、仏教学・宗学・国際教養の諸分野を学ぶ科目を配置します。
仏教学科における専門教育科目は、大きく基礎部門と専門・応用部門に分けられます。

基礎部門

釈尊から日本に至る仏教の歴史と思想の全体像を体系的に把握するための科目と、少人数教育により仏教学・宗学・国際教養それぞれの基礎知識の習得をはかる科目を配置します。

専門・応用部門

  1. 仏教学コース 仏教の幅広い知見を得るための科目群を配置します。
  2. 宗学コース 各宗派の教学と歴史を知るための科目群を配置するとともに、僧侶として必須の儀礼や実践を習得する法儀部門を配置します。
  3. 国際教養コース 仏教と日本文化の魅力を世界に発信できる人材育成のための科目群を配置します。
  4. 語学系科目 仏教学・宗学習得に必須である漢文・サンスクリット語等に関する科目を配置、また国際教養には英語力向上を図る科目を配置します。
  5. 学科共通科目 他者や社会に発信し、現実社会で主体的実践的に活かせる仏教を修得するため、仏教文化に関する科目群や現代社会と仏教の関わりに関する科目群を設置します。
  6. 専門研究 3・4年次には専門研究科目を設け、自らの問いに多面的・重層的に思考し、解決をはかる研究方法の修得と実践力を養い、その成果は卒業論文・卒業研究として論理的・創造的にひとつの形にまとめあげます。

(2)多面的に思考判断し、他者や地域社会に向けて論理的・創造的に表現する能力を身につけるために、1年次から4年次にわたって、基礎ゼミナールや専門研究などの科目を設けます。

(3)いずれの科目においても、多様な価値観を認め、他者と協働しながら、修学内容を主体的かつ実践的に活かそうとする姿勢を育てることを目的とします。

教育方法
  1. 基礎部門では学修内容の振り返りと小テストを実施し、仏教学科の学びの基礎を着実に修得できるようにします。
  2. 主体的な学びの力の育成・問題解決のための協働の実践をはかるアクティブラーニングを専門分野科目群で取り入れます。
  3. サービスラーニング等を通じ、仏教の意義や魅力を社会に表現・発信する能力を養います。
  4. 大学外での実習や研修を通じ、主体的実践的な仏教学科の学びを体験し身につけます。
  5. 基礎ゼミナールや専門研究では少人数教育を実施し、専門的な知識と技能を修得できるようにします。さらに個別指導により、各自の関心疑問の掘り下げと資質・能力の向上を図りながら、卒業論文・卒業研究を完成できるようにします。
評価
  1. 教育課程の科目ごとに到達目標を設定し、到達度を試験・論文・発表・実技等の必要な方法によって学修成果を評価します。
  2. 4年間の総括的な学習成果である卒業論文・卒業研究に対して、担当教員による評価と口述試験を行い、DPに示された資質・能力の達成状況を評価します。
  3. カリキュラム改善のために、学生の修得状況を学科教員内で情報共有し、アセスメントを実施します。

アドミッション・ポリシー(AP)

仏教学科は、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示した資質・能力を総合的に身につけている学生を育成するために、以下の資質・能力を備えた学生を求めます。

知識技能
  1. 高等学校での教育課程において学習した科目のうち、とくに仏教学科の学び(仏教学・宗学・国際教養)に必要な国語・地理歴史・外国語等について基礎的な知識・技能を修得している。
思考判断表現
  1. ものごとを論理的に説明することができる。
  2. 興味や関心のある事柄を、自らの言葉と視点で説明することができる。
関心意欲態度
  1. 仏教学科の学びに関連する事象に深い関心を持っている
  2. 新たな知識や他者の意見に触れることを喜びと感じ、多様な価値観を認め、自らの思索を深めていこうとする、開かれた姿勢をもっている。
  3. 社会のさまざまな事象を自らに関わる問題として捉え、自身の学びを地域や社会に活かし、他者とともに積極的に解決していこうとする意欲をもっている。