学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

文化財・考古学コース

8月のオープンキャンパス

8月のオープンキャンパスは21日(土)と22日(日)の2日間にわたって開催します。文化財コースの模擬授業は、考古学がご専門の塚田先生のお話です。

 

塚田先生:

  歴史の流れというのは、教科書ばかりでなく、テレビで大河ドラマを見たり、司馬遼太郎の小説を読んでいても、あるていどわかります。歴史に興味のない人でも 関ヶ原の戦いや源平の戦いで勝ったのはどっちか、くらいは知っているはずです。

 

 でも、たとえば焼き物を出されて、「これはいつの?」と聞かれたら、ほとんどの人は答えられないのでは?

 

なんでも鑑定団という番組が人気ですが、あれは文化財について、実に的確に評価してくれる方がいるからこそ面白い。

もちろん、あそこまでいくには経験がいります。

しかし、テーマを限れば、学生時代だけでも文化財を見る力を養い、歴史を考えるところまでいけるようになると思います。

実はわたくしは、かつて博物館で学芸員をしていました。博物館というのは、文化財を集めて研究し、展示してみなさんに観ていただく場所です。文化財がわかると、博物館も楽しい場所になる。

 

文化財から歴史を楽しむ方法を身につけたい方は、ぜひ文化財コースのオープンキャンパスにおいで下さい。

 

さて、今回の模擬授業sokuryou.JPGのテーマは、

「石器と土器から

古代をさぐる」

です。考古学では、野外調査で得られた資料から、どのように歴史を調べるのか、お伝えしたいと思います。どなたでも大歓迎です。

 

(大正大学学生による古墳測量調査風景:2009年冬)