学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

文化財・考古学コース

卒業論文構想発表会のご報告

今年度2回目となる文化財・考古学コース4年生の卒業論文構想発表会が10月27日(水)におこなわれました。第1回目の発表会は全面オンラインでの実施でしたが、今回は対面とZOOMを併用したハイブリット形式での実施となりました。学生たちは自身が作成したレジュメを基に論文の内容や進捗状況について発表をし、先生方からの質疑応答やアドバイスを貰います。また、他の学生の発表を聞くことで自分の論文の進み具合や、内容の不十分な箇所に気付くことができる機会にもなりました。発表会では、自身で導き出した考えを述べている学生も多く、一人一人がテーマに対して、先行研究の論文、文献史料の収集や考察などを重ね、真剣に取り組んでいることが伺えました。提出の開始が12月1日から始まります。最後まで全力で取り組み、大学での学びの集大成として満足のいく卒業論文にしてほしいと思います。

                                   発表会の様子