大学紹介

ABOUT TAISHO

教育・学生生活支援資金募集について

拝啓

皆様におかれましては、常日頃より本学の教育・研究、学生生活、地域・社会貢献活動にご理解とご支援をたまわり、厚く御礼申し上げます。本学は、西巣鴨の地「鴨台」に開学し、建学の理念として大乗仏教の根本精神「智慧と慈悲の実践」を掲げ、人と地域と社会に根差して、創立92周年を迎えました。

本学は、建学の理念を教育ビジョン「4つの人となる(慈悲・自灯明・中道・共生)」に読み解き、人の幸せを探究し、地域・社会に貢献できる人材の育成に取り組んでいます。さらに、社会的責任として「教育・研究・学修支援」「充実した学生生活への支援」「地域・社会・コミュニティへの貢献」を掲げ、以下のように取り組んでいます。

教育・研究・学修支援
自らの夢と目標に向かって自主的に学び、考え続けることのできる人材を育成するための教育活動
充実した学生生活への支援
自らの目標達成に向かって着実な歩みを可能にするための支援体制の構築及び、教職員一丸となっての支援活動
地域・社会・コミュニティへの貢献
南三陸エリアキャンパス、すがも花街道プロジェクト、広域地域連携事業、生涯学習、地域活性化、コミュニティ再生、産官学共同プロジェクトなどの諸活動を展開することによる地域創生の推進活動 上記の活動以外にも、本学の教育ビジョンや社会的責任を実現するために、カリキュラム改革やマネジメント体制確立への取り組みを継続しつつ、2018年度重点施策のとして、教育組織の改編や高大接続改革、AI・IoTを活用した学生サービス支援体制に向けた研究や準備、教育・研究支援体制の強化や就職・課外活動等の学生生活支援の強化、地域ブランディング事業などの地域社会貢献活動や地域実習内容の社会実装化を推進しています。
100周年を迎える2026年には巣鴨の地で学生の皆さんがかけがえのない時を過ごせる理想の大学になっていることを目標とし、上記の各種施策を教員と職員との教職協働のもとに全学的に実行していきます。

これらの活動は学納金を原資といたしますが、支援活動を今後より一層充実させるとともに継続的に実施するためにも、さらなる資金が必要になってまいります。つきましては、保護者並びに保証人の皆様におかれましては「大正大学教育・学生生活支援資金」の趣旨にご理解いただき、寄付金にご協力をお願い申し上げる次第です。厳しい社会状況に鑑みて、寄付のお願いは大変心苦しい次第ですが、本学の社会的存在としての価値、ブランド力を上げるための取り組みを一刻も緩めずに継続することによって、必ずやご子女の将来の飛躍へつなげていく所存でございます。
何卒、ご理解とご協力をたまわりますよう、重ねてお願い申し上げます。

謹白

  • 2018年4月吉日
  • 学校法人 大正大学
  • 理事長 岡本 宣丈
  • 学 長 大塚 伸夫