キャンパスライフ

CAMPUS LIFE

国際お知らせ

平成30年度 ミュンヘン大学語学研修

ミュンヘン大学(ドイツ)での研修は、2月10日~3月3日の期間で実施されました。
研修中はドイツ語やヨーロッパの文化を学ぶクラスが展開されるだけでなく、ノイシュヴァンシュタイン城に行ったり、ベネディクトボイレン修道院を訪れたりと、様々なアクティビティが実施されました。授業やアクティビティ中は、日本語を学んでいるミュンヘン大学の学生がチューターとなり、参加学生と交流を密にしました。また、現在ミュンヘン大学に留学中の大正大学学生2名もチューターとして参加学生をサポートしてくれました。先輩の姿に憧れて、1年間の協定留学にステップアップする学生がいるとうれしいですね!

        
                      クラス風景

      
       ミュンヘン大学学生チューター         
  
さらに、この研修の大きな特徴はホームステイプログラムであることです。ドイツの一般家庭にステイし、キャンパス外でも活きたドイツ語に触れ、軽いカルチャーショックも受けつつドイツの生活を体験することができました。
また、この研修は東洋大学の学生とコラボレーションで行われ、学生同士交流を深めることができました。ドイツ語を学ぶという目的を共にした友人を作ることができたのではないでしょうか。

ドイツ語能力を伸ばし、ヨーロッパの文化・歴史・芸術に触れることができた3週間でした。