キャンパスライフ

CAMPUS LIFE

外国人短期留学生のお知らせ

熱中症に充分注意してください!

大正大学で学ぶ留学生の皆さん、暑い日が続いています。熱中症にかからないでね。という言葉を耳にすると思いますが、皆さんは聞いたことがありますか?きちんとした対応をしないと大変なことになりますから充分な対策をしていきましょう。

1.熱中症とは何か
熱中症は・・・
・高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調整機能が破綻するなどして、発症する障害の総称です。
 
・死に至る可能性のある病態です。
・予防法を知っていれば防ぐことができます。
・応急処置を知っていれば救命できます。
 
人は、環境によって体温が変動するカエルや魚などの変温動物とは違って、24時間周期で36~37℃の狭い範囲に体の温度を調節している恒温動物です。体内では生命を維持するために多くの営みがなされていますが、そのような代謝や酵素の働きからみて、この温度が最適の活動条件なのです。
 暑い時には、自律神経を介して末梢血管が拡張します。そのため皮膚に多くの血液が分布し、外気への「熱伝導」による体温低下を図ることができます。
 また汗をたくさんかけば、 「汗の蒸発」に伴って熱が奪われますから体温の低下に役立ちます。汗は体にある水分を原料にして皮膚の表面に分泌されます。このように私たちの体内で血液の分布が変化し、また汗によって体から水分や塩分(ナトリウムなど)が失われるなどの状態に対して、私たちの体が適切に対処できなければ、筋肉のこむらがえりや失神(いわゆる脳血:脳への血流が一時的に滞る現象)を起こします。そして、熱の産生と「熱伝導と汗」による熱の放出とのバランスが崩れてしまえば、体温が著しく上昇します。このような状態が熱中症です。
 熱中症は死に至る恐れのある病態ですが、適切な予防法を知っていれば防ぐことができます。また、適切な応急処置により救命することもできます。
 
熱中症を防ぐためには
 
2.日常生活での注意事項
 熱中症は生命にかかわる病気ですが、予防法を知っていれば防ぐことができます。熱中症を 防ぐためには、日常生活における注意が基本となります。
 
日常生活での注意事項
(1)暑さを避けましょう。
(2)服装を工夫しましょう。
(3)こまめに水分を補給しましょう。
(4)急に暑くなる日に注意しましょう。
(5)暑さに備えた体作りをしましょう。
(6)個人の条件を考慮しましょう。
(7)集団活動の場ではお互いに配慮しましょう。
                               (環境省熱中症対策マニュアルから抜粋)

<新潟県国際交流財団から抜粋>
chuugoku.jpg
 
 
 
 
 
 
  
 
 
korea.jpg