キャンパスライフ

CAMPUS LIFE

外国人短期留学生のお知らせ

国際フォーラム2012 開催される

 

                  <留学生による「国際フォーラム2012」 開催>

 

上海大学、河南大学、東西大学校、東國大学校、ミュンヘン大学、ハワイ大学の学生によるプレゼンテーションが行われました。今年のテーマは、「なぜ日本語を学ぶのか」をテーマに、学ぶことへの意味をお互いに話し合いをしました。各国による考え方の違いなどが表れ、目標の高さを感じました。また、今回は、「留学生が見た日本」というテーマで留学生の立場から見た「日本の驚き」を発表していただきました。また、第2部では「私の大学と街」と言うテーマで発表が行われました。

また、南三陸を拠点にしてボランティア活動をしている大正大学の学生による報告もあり、留学生は、活動の一部を目にして東日本大震災を改めて知ることになりました。

さらに、多くの大正生が駆けつけて戴き、賑やかに会が運営されたことは喜ばしいことでした。塩入法道先生からの講評もあり、楽しかったです。

このラーニングコモンズをこのように有意義な場として捕え、周囲の学生を巻き込んでいくことも一つの目標にしていました。ぜひ、この場を学習の良き場として今後とも活用ください。

 

taisho2.JPG  taisho3.JPG

taisho4.JPG  __.JPG