キャンパスライフ

CAMPUS LIFE

保健室からのお知らせ

学校感染症について

最近の感染症を取り巻く状況は厳しさを増しており、国では感染症法(感染症の予防および感染症の医療に関する法律)が施行されています。学校においては、学校保健安全法により「学校において予防すべき感染症」として下記のように分類され、学校における感染拡大防止のため「出席停止期間」が定められています。

学校感染症と診断されたら
  • 医療機関で学校感染症と診断された場合、又はその疑いがあると認められた場合は、授業だけではなく、部活やサークル活動も禁止となります。
  • 感染の危険がなくなるまで自宅療養してください(医師の許可がおりるまで)。
  • 治癒後、登校する際に、「学校感染症治癒証明書(診断書)」を学生課へ提出してください。具体的な授業欠席の申請方法は学生課で確認してください。手続きには、学生証と印鑑が必要です。
  • 試験を欠席し、追試験申請をする場合、当該科目の試験終了後5日以内に教務課へ「学校感染症治癒証明書(診断書)」を提出してください。
◎ 学校感染治癒証明書は下記よりダウンロードしてください。
   学校感染治癒証明書(診断書)

学校感染症を予防するために
  • 麻疹(はしか)、風疹(三日ばしか)、水痘(みずぼうそう)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)等の予防接種が推奨されている感染症に罹患したことがなく予防接種歴がない学生は、医師と相談の上、予防措置をとりましょう。
  • 規則正しい生活、十分な睡眠と栄養バランスのよい食事を摂るよう心がけましょう。
  • 手洗いの励行、咳が出る時は必ずマスクを着用し、流行時期は人混みを避けましょう。
  • 咳が続く、体調不良、発熱時(37.5℃以上)には、早めに医療機関を受診しましょう。



学校において予防すべき感染症の種類と出席停止期間の基準
(学校保健安全法施行規則第18条、19条)

第1種
危険性の高い感染症(感染力が強く重症となる)

内容 出席停止期間の基準
エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎(ポリオ)、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(SARSコロナウィルス)、特定鳥インフルエンザ・中東呼吸器症候群(MERSコロナウィルス) 治癒するまで


第2種
放置すれば学校で流行が広がってしまう可能性がある感染症。主に飛沫感染で広がる。

内容 出席停止期間の基準
インフルエンザ(特定鳥インフルエンザを除く) 発症後5日を経過し、かつ、解熱後2日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで、又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻疹(はしか) 発疹に伴う発熱が解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺、顎下線、又は舌下腺の腫脹発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで
風疹(三日はしか) 発疹が消失するまで
水痘(みずぼうそう) すべての発疹がかさぶたになるまで
咽頭結膜熱(プール熱) 発熱、咽頭熱、結膜炎などの主要症状が消退した後2日を経過するまで
結核 医師により感染のおそれがないと認められるまで
髄膜炎菌性髄膜炎 医師により感染のおそれがないと認められるまで


第3種
飛沫感染が主体ではないが、放置すれば学校で流行が広がってしまう可能性がある感染症

内容 出席停止期間の基準
コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎 医師により感染のおそれがないと認められるまで

その他

内容 出席停止期間の基準
感染性胃腸炎、溶連菌感染症、マイコプラズマ感染症など 医師により感染のおそれがないと認められるまで