大正大学改革 はじまる。

大正大学

  • イラスト1
  • イラスト2
  • イラスト3
  • イラスト4
  • イラスト5
  • イラスト6
  • イラスト7

大正大学100周年

< u-smart>に向けて

TAISHO UNIVERSITY

SCROLL

宣言

大正大学は、

学生のための
大学教育“超”改革を

実現します。

2026年、大正大学は創立100周年を迎えます。 大きな節目となる2026年に向けて、一つの目標を立てました。
それが「スマートユニバーシティ(U-smart)」です。
キャンパス全体を最適化(スマート化)し、一人も取り残さない、快適な学修環境を創出していくことを目指します。
本学の使命と存在意義を再確認しながら、パラダイムシフトの時代に対応できる学生を育てるべく、大正大学のイノベート・ビジョン(U-smart変革へのビジョン)を策定しました。 社会はいま、人類最大とも言われる大変革時代を迎えています。
技術革新、ICTの発展など激しい環境変化の一方で、多文化が当たり前となり、多様性を認め尊重する時代へ、個人主義・資本主義から、他者を尊重し支え合う時代へと変化を遂げ、人や文化の「共存」「共生」が求められる時代になりました。
今回の変革は、現代の大学教育における大正大学の挑戦でもあり、これから変わりゆく共生社会に対して私たちが持つべき考え方、また、支え合う社会を「創造する」側の人材を育てあげるために必要な改革でもあります。
開学から90年以上、巣鴨に根ざし地域と共に歩んできた大正大学だからこそ、これからの共生社会、これからの日本をつくるために、いま、取り組むべきミッションだと考えています。

MESSAGE

なぜ、いま「大学教育改革」 なのか?


INNOVATE!に込める思い

大正大学 学長 高橋 秀裕

パラダイムシフトの時代に
求められる人材の教育
イメージ1
18歳人口の減少と超高齢化社会の拡大、技術革新をはじめ、大きな時代の変革に直面している現代、ものの価値、そして人の働き方・生き方も大きく変化しています。
超スマート社会が近づくなか、ビッグデータをどのように活用していくのか、AIが導き出した「集合知」から、『人がどのように価値創造していくか?』が問われる時代になりました。
これからの大学教育においては、こうした「ゼロから考える、生み出す」創造力の養成、パラダイムシフト時代を生き抜くチカラを育てていくことも重要な使命だと考えています。
新しい社会を
つくるリーダー人材の必要性
イメージ2
新しい社会を創造し生み出すのは、これからを生きる若者であり、その中からリーダー的な存在を創出することが求められています。
そうしたリーダーシップを持つ人材、「新時代」を牽引するアントレプレナーシップの養成についても、大学教育が担うべき重要な役割であると考えています。

INNOVATE 5

大正大学 改革実現のための5つの宣言

01

「新共生主義」の確立

建学の理念「智慧と慈悲の実践」を昇華させ、新たな目標として打ち立てました。

大正大学の建学の理念「智慧と慈悲の実践」、そして、SDGs(サスティナブル・ディベロップメントゴールズ)の思想を昇華させ、2026年に向けた新たな目標として、「新共生主義」を確立しました。
慈悲(Big Heart)=目に見えない無限の愛情のもと、大きな智慧に学び、実践する。
「共に生きる」理念がこれからの時代に求められています。

詳細はこちら

イメージ1

02

「地域人スピリット」の醸成

地域から学ぶ。地域と学ぶ。地域に根ざし、地域課題を解決します。

POINT

連携地域自治体200自治体へ!

2020年度の大正大学と日本全国の連携自治体数は約90自治体。2026年には200の自治体との連携を
目標として、地域との繋がりを強め、「地域主義」の大学として、名実ともにNo.1を目指します。

詳細はこちら

イメージ2

03

アントレプレナーシップの養成

自立・自律した人材、新しい価値創造を企画・実現できる人材育成を目指します。

起業家精神の養成という狭義にとどまらず、学生一人ひとりの自立・自律の精神を磨き、常に問題意識を持って課題解決を目指し、新たな価値を創出するために困難を乗り越えて生きていく、タフな精神と能力を持った人材を養成します。

イメージ3

04

「DAC」による総合学修支援

生涯学び続けるための“学修習慣を身につけることができる大学”を目指します。

DAC(Diversity Agency Community)とは、大正大学の教育の質を保証し確保するために組織した、総合学修支援機構のこと。
初年次教育において、リベラルアーツ型のカリキュラムを実施し、幅広い教養を身につけ、学びの基本姿勢を養い、大変革の時代を生き抜く力を育成するための組織的活動でもあります。

詳細はこちら

イメージ4

05

「すがもオールキャンパス」構想

巣鴨を基盤として、地学協働によるひとづくり・まちづくりを実現します。

大正大学では、地域構想研究所を通して地域課題を解決するため、約90の自治体と連携しています。
こうしたつながりを巣鴨から地域へと広げ、地域と地域が巣鴨を介して結ばれます。そのためのプラットフォームとなるのが、この「すがもオールキャンパス」です。

詳細はこちら

イメージ5

大正大学が目指す、新時代の人材像

これから訪れる共生社会、支え合う社会を「創造する」側の人材を創出するために、大正大学が目指す、3つの人材像があります。

写真1

01

多様でリベラルな学びを追究し、課題解決のため学び続ける人材

写真2

02

踏査と実証による人間探究を貫く人材

写真3

03

データサイエンスに基づき、社会・地域の未来を構想する
リーダー人材

写真4

04

これからの社会を「他者」と協働してより
豊かなものに創り上げることのできる
「実践知」を
身につけた人材

INNOVATE! STRATEGY

改革で実現する2つの学修スタイルと5つの教育

大正大学では、2020年度から6学部を「社会創造系学部群」と「探究実証系学部群」に分け、それぞれに合った新たな教育を展開していきます。
伝統と革新が融合する巣鴨オールキャンパスで学ぶことで、みなさんの強みや個性を磨き、環境変化を踏まえたこれからの社会で求められる力を育むための「5つの教育」が始まっています。

新たに始まる「5つの教育」

1 日本最大級の「地域に根差した学び」
地域を元気にすることは、日本の未来を創造することです。東京にある大正大学だからこそ、地域と繋がり、地域に根ざした学びで課題を解決し、多様性のある人材が活躍する地域社会を創ることをめざします。

2 チューターと学ぶ大学1年次
学生の個性や強み、将来像などはひとそれぞれ。教員とチューターによるチーム・ティーチングによって個人にフィットした学習の提案やフィードバックを行い、一人一人の学びと成長を総合的に支援します。

3 知識に加えて生涯使えるスキル・習慣を身につける
テクノロジーの進化に適応しながら、多様な考えをもつ人たちと互いに協力しあい、行動していくための対人力を育んでいます。持続可能な社会の一員として、主体的に生きていくための力を身につけます。

4 起業家のような発想・行動ができる人になる
世の中のめまぐるしい変化に伴って、新しい事業や新商品・サービスを作ることが今まで以上に求められています。起業家がもつ資質や能力は特別なものではありません。リアルな社会での実践に近い機会を体験し、学ぶことで起業家の「ような」発想・行動をする力を育むことができます。

5 with AI
当たり前のようにAIがある社会となったいま、わたしたちの日常はこれから大きく変わっていきます。人文・社会科学系の学問で培われる思考力をもとに、データや情報を活用し、問いを立て物事を探究していくことで、新しい価値を創造する力を身につけます。

社会創造系学部群

  • 地域創生学部
  • 社会共生学部
  • 表現学部

初年次から積極的にチュートリアル教育を採用して人材を育成する学部。Project/Problem Based Learning型のアクティブな学びを重視する。クォーター制(4学期制)。

探究実証系学部群

  • 心理社会学部
  • 仏教学部
  • 文学部

段階的なゼミナールを通じて卒業論文研究に集積する形で人材を育成する学部。知識や探究からの学びを重視する。セメスター制(2学期制)。

20209、「新8号館」GRAND OPEN!

日本最大規模のラーニングコモンズ
大正大学の改革を支える新たな集いの場

大正大学の教育改革のシンボルとなるのが、2020年秋に誕生する「新8号館」です。
日本最大規模のラーニングコモンズとして、学生が主体的に取組むアクティブラーニングやプロジェクト型学修を可能にする「場」を提供します。地域イベントも開催するなど、大正大学と巣鴨の新しいシンボルとして、学生や地域の方に活用される学びと交流の場となることを目指します。

新8号館