学長挨拶

n_otsuka_300-300

本学は、天台宗・真言宗豊山派・真言宗智山派・浄土宗の四宗派が共同して運営する大学です。このことは本学にとってきわめて重要なことだと認識しております。それは、本学が他の仏教系やキリスト教系といった宗教を基盤とする私立大学とは大きく異なる特徴があるからです。たとえば、自らの宗教や仏教宗派が優れているなどといって自らの優越性を誇ることなく、四宗派が協調して教育研究にあたっている類例のない大学だからです。そうした協調の精神を支えているのが四宗派に通徹する「智慧と慈悲の実践」という建学の精神です。この建学の精神をかかげて、本学は1926年に設立されてより、今年度の2016年をもって創立90周年を迎えました。

2016年度、本学では新たに地域創生学部と心理社会学部の2学部を開設し、既存の仏教学部・人間学部・文学部・表現学部とあわせた6学部11学科体制で臨みます。また、創立90周年を迎えるこの記念すべき年に15号館となる「地域構想研究所」と「ドミトリー」を設置して、日本の地域活性化さらには日本の次世代を担う、社会に貢献できる人材を育成しようと新たな試みに挑戦しています。その他にも、昨年度には本学の改革の取り組みが学生に満足を与えているかを調査するため、約5,000人にのぼる全学生を対象にしたマークシートによるアンケート調査と、面談による聞き取り調査という2方式で、学生の満足度を調査しました。これは本学初の総合調査でもあり、その際に出された学生の意見を検証して、4月より本学の改革改善に取り組んでいるところです。

こうした本学の改革改善を推進するために、まず取り組むべき今年度の方針を以下の重点施策8項目に集約して実行してまいります。

① 志願者募集体制・入学試験の改革
② カリキュラムの改善と見直し
③ 学生サービスの充実
④ 就職支援の強化
⑤ 大学院改革案の策定
⑥ 研究費獲得のための企画立案の推進
⑦ 90周年記念行事
⑧ ハラスメントの防止

上掲のいずれも大学運営にとって必須の項目ですが、何よりもまして①志願者募集体制と入学試験の改革は、大学淘汰の時代を誘引する18歳人口の再減少化問題、ならびに記述式問題を導入する方針とされる大学入試の新テスト問題を見据えた、必須の課題と考えます。この課題を大学への「入口」と喩えるならば、次の②カリキュラムの改善と見直しは、「内実」に相当する大学4年間の教育の質を問う課題と位置づけられます。入学してきた学生の皆さんに対して、各学部学科で質の高い教育が保証されなければなりません。また4年間の学生生活は、教育研究の面ばかりではありません。学内の住空間と学生交流を考慮した③学生サービスの充実も重要です。そうした教育と学生生活の両面にわたった改善と充実をはかりながら、「出口」を意識した④就職支援の強化です。これについては、キャリア教育・個別指導・インターンシップなど、学生の皆さんに寄り添う形で支援してまいります。また学部のみならず、大学院における教育研究のあり方も現状に即した改革を実行しなければなりません。そうした意味で、⑤大学院改革案の策定と⑥研究費獲得のための企画立案を推進してまいります。そして、今年度で創立90周年を迎えるにあたって、⑦90周年記念行事を開催して大いに本学の存在意義を宣揚しつつ、学部大学院を通じて公平で平穏な環境を整えるために、一層の⑧ハラスメント防止策を講じて、開かれた大正大学を目指します。

また本学は、上述した建学の精神のもとに〈慈悲・自灯明・中道・共生〉という仏教精神に根ざした教育ビジョン「4つの人となる」を掲げて教育研究の活動を展開しています。要略しますと、第一に「慈悲」の精神をもって、生きとし生けるものに親愛のこころを持てる人となることを実践しています。第二に「自灯明」の教えにしたがって、真実を探究し、自らを頼りとして生きられる人となることを実践しています。第三に「中道」の教えを尊び、とわれない心を育て、正しい生き方をできる人となるよう努めています。第四の「共生」の精神によっては、自分をとりまく皆が共に生き、ともに目標達成の努力ができる人となることを実践しています。4年の修学期間をへて卒業していくまでの過程で、いかに学生を育成するかという教育ビジョンは、仏教系大学としての本学の使命であると信じます。それは、人を導く正しい方向性をもった仏教と教育は、そのめざすところが本質的に同一であると考えるからです。こうした本学の教育ビジョンは、日本文化史に多大な功績を残された最澄・空海・法然といった本学設立宗派の各祖師方の願いにもかなうものと思います。ぜひとも、各祖師の教えを体現する長い伝統を有した大正大学の未来を期待していただくとともに、本学の学風を直接体感していただきたいと存じます。

大正大学 学長 大塚伸夫