学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

人間環境学科

本庄市小平でのワークショップⅡ(12/13)

埼玉県のふるさと支援隊事業の一環で、本庄市小平で実施しているワークショップも、今回で4回目となりました。まずはいつもどおり、観光農業センターで打ち合わせ兼最終確認をします。

DSCN0003.jpg

今日は朝からあいにくの雨ですが、それでも傘をさして聞き取り調査に出かけていく元気いっぱいの学生たちです。

DSCN0007.jpg

各班ごとに、決められた地区まで歩いていき、民家を訪問します。のどかな農村風景が広がっています。

DSCN0012.jpg

これは実際に民家を訪問している場面です。呼び鈴を鳴らしてしばし待ちます。学生たちが何人も突然訪問するわけですから、一体なんだろう?と驚かれる場合も多々あります。

DSCN0013.jpg

道端でお会いして、お話を伺うことができた方のお宅に、ちょっとお邪魔させてもらいました。何を見せてもらったかというと。。。。。

DSCN0016.jpg

我が家の家宝、という、龍の彫り物でした。金箔の額装がされていて、相当貴重なもののようです。なんでも100年ほど前のもので、農業センターの上に建つ百体観音にも同じ作者の彫り物が掲げられている、とのことでした。

DSCN0015.jpg

聞き取り調査の中では、これまでの小平での暮らしや仕事の様子、小平のこれから、地域での交流のあれこれ、獅子舞文化への熱い思い、など、たくさんのことを伺うことができました。学生の聞き取り調査のスキルはまだまだですが、それでも最初と比べるとかなり上達してきたと思います。聞き取り調査にご協力いただきました小平地区の皆様、どうもありがとうございました!

DSCN0017.jpg