就職・キャリア形成

その先の未来へ

キャリア・就職お知らせ

第3回「公務員を目指す3年生対象 論文・面接対策セミナー」を開催しました

全4回で構成されている、
11月25日(水)第3回「公務員を目指す3年生対象 論文・面接対策セミナー」を開催しました。

本日のテーマは、「政策研究の手順」
ありきたりの志望動機でなく、説得力ある志望動機を作成するためには、必須の「政策研究」
受験先に対する知識・理解は、面接時に熱意として伝わります。

具体的に、どうやって政策研究を行うのか?
本日受講した学生たちは、就職課が提携する「資格の大原」の講師から、丁寧に手順を教えて頂きました。

印象的だったのは、ホームページや広報物の閲覧のみでなく、
実際に、その町に行き、歩くことで自分だけのオリジナル情報を入手できる。
それが「差別化」に繋がっていく。
また、業務説明会等への出席を通して、直接、働いている人から話を聞くことも
リアルを体感出来て、自分だけのオリジナル情報になる。
結局、行動するでしか、得られない手に入れる情報がある。という事を改めて認識することができました。

続いて、就職課職員から、モチベーションコントロールの話をしました。

  1. 自分の弱みから発生が予想される問題を書き出す。
  2. そして、予め、解決策をイメージしておく。

というワークをしました。

問題が一つも発生せずに、合格まで到達するのは難しいだろう。
ある程度、問題が起こることを覚悟・予想しておけば、対処が早いだろう。

勉強する過程も学びであるので、自分自身を俯瞰して、進んで行ってもらいたいです。

次回、第4日目(12月16日・水)のテーマは、「政策研究から志望動機へ繋げる」です。