就職・キャリア形成

その先の未来へ

キャリア・就職お知らせ

『キャリア育成特設講座A』第7回目の授業を開催しました

第7回目となる『キャリア育成特設講座A』を5月31日(月)に開催いたしました。
※本講座は、主に大手企業社長の実体験に基づく経験から「仕事の面白さや辛さ」「働くとは何か」を考え、
 将来の就職活動に向けて働くことの意義や仕事(職業)の選択の考え方を学ぶことを目的としています。

第7回目の今回は、株式会社オフィスバスターズより熊谷社長をお招きし、講義をしていただきました。
熊谷社長は脱サラをして、大学時代のご友人と一緒に同社を大きく成長されました。

同社は、オフィスに特化したリユース品を主に取り扱い企業です。リユース品を取り扱う
企業は思い浮かびますが、オフィスに特化したリユース会社は学生たちもなかなか思い浮かびません。

コロナ禍において在宅勤務が増え、オフィスを縮小、撤退する企業が多く、同社も打撃を受けたかと
思いましたが、むしろコロナ禍が追い風となり、売り上げも過去最高の進捗率を記録したそうです。
ここまで20年ほどで、会社を成長させた背景には、経営者でもある熊谷社長の想いに触れる熱い
講義となりました。
中でも印象的だったのは、学生に向けて数多くのメッセージをお話しされていましたが、
熊谷社長が繰り返し語られていたオフィスバスターズの社是についてです。
「変化成長」、「素直な向上心」この二つを社員には期待しており、いくつになっても
自分自身を変化させ、成長に繋げられる社員は、成果につながっていると繰り返し話されていました。
同社が成長していくに当たって、創業期からの会社を支えてきた社員と、外部から招きいれる社員と
会社で活躍していける社員の特徴は、上記の二つを持ち合わせている社員が特徴だそうで、
これはどの企業においても通じる点なのではないでしょうか。

安定志向を希望していた学生のなかでも、ベンチャー企業や成長のステージを味わいたいと考える学生から、
授業後にも熱心な相談が寄せられる場面も見られました。

本講義では、グループワークを取り入れて意見交換をしていますが、グループメンバーを毎回変えて、
メンバーを構成しています。学部学科、学年も異なるメンバーと初めて会って、意見交換をすることに
始めは戸惑う場面もありましたが、それに早い順応力を発揮する高い学生が多く見受けられました。
今後も本講座は続きますが、学生の意欲的な姿勢と早い順応力で、より本講座が盛り上がっていくことが見込めます。