地域連携・社会貢献

「まち」が大学になる、大学が「まち」になる

お知らせ

【報告】庚申塚町会主催「年末餅つき大会」を開催しました

令和元年12月14日(土)に大正大学南門広場にて、庚申塚町会主催「年末餅つき大会」が開催されました。

大正大学からは野球部の学生が参加。
お餅のつき手・返し手として、餅つき大会を活気づけてくれました。

200パック用意していたお餅も、開始数十分ですぐに売り切れ。
急遽販売数を増やして、合計300パックが完売しました。
こちらの売上金は全て、庚申塚町会より日本赤十字社の東日本大震災義援金として活用されることになります。

大正大学が協力する形での開催は、今回で6回目。
学生に加えて大学の職員も参加し、地域と大学が共同したまちづくりを象徴するイベントの一つとなっています。

当日は今年最後の「あさ市」「花会式」も開催され、たくさんの方々にお越しいただきました。



令和2年最初の「あさ市」・「花会式」は、1月25日(土)開催
東日本大震災復興事業として、連携自治体の福島県広野町および連携大学の昌平黌・東日本国際大学との共同開催となる予定です。

皆様のお越しをお待ちしております。