臨床心理学科

5月20日(土) 豊島区BBS会主催講演会のお知らせ

BBS講演会ポスターのサムネイル

 臨床心理学科の学生が中心となって運営している豊島区BBS会が主催する講演会が5月20日(土)に開催されます。今回は、大正大学、豊島区保護司会、豊島区更生保護女性会の後援を受け、東京都保護司連合会会長の永見光章先生に「罪を犯した人の立ち直りを支える」と題して講演をお願いします。永見先生は、本学の卒業生で真言宗豊山派の僧侶でいらっしゃいます。

 講演にあわせて豊島区における地域活動の報告もなされます。更生保護、司法福祉への関心を深めていただく機会にしていただけたらと思います。

 学生が中心となって運営する会ですが、地域の問題や活動に関心のある方の幅広い参加をお待ちしています。

 詳細は以下の通りです。

主催:豊島区BBS会  後援:大正大学、豊島区保護司会、豊島区更正保護女性会

罪を犯し刑事施設へ入所した大人も子どもも、いつかは社会へ帰ってきます。その時、社会復帰への支えとなるのは家族だけでなく、会社や、学校や、地域の人たちです。罪を犯した人も、私たちと同じ地域で生きる一員なのです。

今回の講演会には、大正大学卒業生であり、東京都保護司会連合会の会長、そして僧侶でもある永見光章先生をお招きし、罪を犯した人々の立ち直りを支えることはどういうことなのかご講演いただき、一緒に考えたいと思います。

あわせて、豊島区で活動する関係団体からの活動報告も行います。

学生、教員、保護司を始め地域の方ほか、関心のある方は是非ご参加ください。

日時:2017年5月20日(土)13:00~15:00

会場:大正大学5号館551教室

企画:豊島区BBS会、豊島区保護司会

 

内容(敬称略)  

◎講演 13:05~14:00

 ・永見光章(東京都保護司会連合会 会長/僧侶)

 ◎実践報告:「豊島区の現状と課題について」  14:00~14:50

 ・豊島子どもWAKUWAKUネットワーク

 ・豊島区保護司会

◎質疑とまとめ 14:50~15:00

 

問い合わせ先; 大正大学心理社会学部臨床心理学科内 

豊島区BBS会 小田桐  odagiri.0608@gmail.com 

        倉西      rin,no.nyan@gmail.com