地域連携・社会貢献

「まち」が大学になる、大学が「まち」になる

お知らせ

【報告】榎本淳一教授(歴史学科)の“としまコミュニティ大学「マナビトゼミ」”が学内で開催されました

2021年11月27日、大正大学内にて、榎本淳一教授(文学部歴史学科)の“としまコミュニティ大学「マナビトゼミ」”が開催されました。

としまコミュニティ大学とは、豊島区と区内7大学が協働する公開講座の事業です。
人と人が繋がり、新たな活動へと繋がる「学びの循環(わ)」を作ることで、いきいきとした地域づくりを目指しています。

その中でも「マナビトゼミ」は、2年間の継続的な学びを通じて、知識や気づきなどを得ながら参加者同士の緩やかな繋がりを作っていただく登録制のプログラムです。

榎本教授のゼミは、コロナ禍の間も通信講座やオンラインで開講していましたが、今回は学内にて対面とオンラインのハイブリッド型で開催しました。

対面形式で開催されたのは、2019年度以来の約2年ぶりです。
この後もフィールドワークなどが予定されているので、これから対面での実施が本格化できることを祈っております。