学部・大学院

DEPARTMENT

心理社会学部 臨床心理学科

心理社会学部臨床心理学科

心理学を実践に役立て、現代社会で悩む人々の心をケアする。

こんなキミに学んでほしい

  • 臨床心理学をはじめとする心理学のさまざまな基礎知識を身につけ、現実社会で活かしたいと思う人
  • お互いの個性や多様な価値観を尊重できる人
  • 他者の意見を取り入れながら協働できる、開かれた姿勢を持っている人
  • 公認心理師や臨床心理士といった臨床心理学関連資格の取得を目指し、将来は心理援助の仕事に就きたい人

この分野が学べます

  • 心理学
  • 臨床心理学

この学科のめざすこと

臨床心理学は、たとえばストレスなどで心身を病んでいる方々の悩みにどう対処していくか、どうカウンセリングを行うかといった心の支援について実践的に研究する学問です。

昨今、人々の心の健康問題は複雑化・多様化していると言われています。その根底にある現代社会のさまざまな問題と向き合いながら、人の心をより深く理解し、どうすれば適切な心理援助ができるかを臨床心理士・公認心理師・医師の資格を持った心理臨床現場で活躍する教員と探究していきます。

そして、傾聴や対話といったコミュニケーションのノウハウを磨いていくとともに、「合理的思考」と「共感的態度」をバランスよく機能させる能力を養います。

それだけでなく、臨床心理士と公認心理師の養成にも注力。病院、学校、福祉施設といったさまざまな場で、心理学を役立てられるように指導します。

この学科のポイント

  1. 1

    「対人援助」を基礎から学べる

    実験や演習などのアクティブラーニングを通じて、対人援助の手法を体験的に修得できる環境を整えています。1年次には、心理学・臨床心理学の諸領域の基礎を広く学習。続く2年次からは実験や統計的分析を行い、データのまとめ方を学びます。そして3年次以降は、それぞれに関心がある領域について知見を深めていきます。

  2. 2

    57年間の歴史と実績により豊富な実習先を用意

    1963年「カウンセリング研究所」設立時より大正大学が長い歴史と実績のなかで培ってきたネットワークを活用することができます。たとえば実習先には、学校や医療機関をはじめ、豊富な場を用意。大学で修得した知識や視点、態度などを見つめ直すことができます。そこで得たさまざまな経験が、さらなる理解や新たな学びをもたらしてくれるでしょう。

  3. 3

    公認心理師養成に対応したカリキュラム

    いち早く臨床心理教育を開始した大正大学は、最初に臨床心理師養成をスタートした大学院16校のひとつ。専門的なカリキュラムで、公認心理師に欠かせない「客観性を重視する科学的視点」と「共感性を軸とする臨床的視点」を身につけることができます。幅広い実践領域をカバーする、恵まれた教員人材も特徴です。

在学生が教える、こんな学びがおもしろい!

カリキュラム・授業内容

1年次は心理学の諸領域に触れ、基礎を固めます。2年次は、専門的な臨床心理学まで学びを拡大。実験や演習を通して、科学的・臨床的な視点を体験的に身につけます。3年次は専門ゼミに所属し、それぞれの関心を深めながら、卒業論文執筆の準備を開始。公認心理師を目指す学生は、本格的な実習もはじまります。4年次の卒業論文は、大学で学んだことの集大成です。

期待される主な進路

  • 公認心理師・臨床心理士(大学院進学)
  • 福祉施設や医療施設職員
  • 公務員(法務技官、法務教官、家裁調査官、児童相談所職員など)
  • 各種カウンセラー
  • 教員、教育関係
  • サービス、流通
  • 人材派遣、インストラクター

大学院進学によって公認心理師や臨床心理士を目指せるほか、法務技官・法務教官・家裁調査官・児童相談所職員といった公務員への進路も開かれています。また、臨床心理の知識とスキルは、一般企業でも大きく役立つでしょう。

進路選択に役立つ資格や教員免許状を取得できるよう教育課程を編成しています。

カリキュラム・授業内容

教育方針

ディプロマ・ポリシー(DP)

臨床心理学科は、大学が掲げている教育ビジョン「4つの人となる」を、生涯を通じて体得していこうとする学生を育成するために、臨床心理学科の教育課程を修了し、以下の資質・能力を備えた学生に学位を授与します。

知識技能
  1. 臨床心理学の諸理論と技法の基本と核心を理解している。
  2. 心理学諸分野の基本的な研究方法を身につけ、現実社会の中で活用できる。
思考判断表現
  1. 客観性を重視する科学的視点と共感性を軸とする臨床的視点の両方を身につけ、多面的かつ多角的な判断ができる。
  2. 専門的文献を正確に理解するとともに、自らの問題意識を学術的に論証していくための方法を身につけ、学習成果や考察を的確に表現し、伝達することができる。
関心意欲態度
  1. 互いの個性や多様な価値観を尊重しながら他者と協働し、自らの学びや人間関係を構築しようとする姿勢を有している。
  2. 臨床心理実践の学びを通して、一般社会人として不可欠な倫理やモラルを心得るとともに、責任ある社会人として行動しようとする態度を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(CP)

臨床心理学科は、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示した資質・能力を総合的に身につけている学生を育成するために、以下のカリキュラムを編成します。

教育内容
  1. 心理学諸分野及び臨床心理学研究の基礎的な知識と技能を身につけるために、1年次に「基礎部門」の科目を設定しています。
  2. 科学的視点と研究論文の書き方を学ぶために、1年次から段階的に研究方法を学ぶ「調査・研究法部門」の科目を設定しています。
  3. 公認心理師をめざす学生が継続的に心理臨床の現場を体験し、これまでに学んだ臨床心理学的な知識や視点、態度について見つめ直す外部実習の選択科目を3・4年次に設定しています。
  4. 心理学及び臨床心理学各領域の知識をさらに深く習得するために、「関連領域部門」科目を設定しています。
  5. 基礎的な知識を習得した3・4年次では、卒業論文に向けて思考・判断・表現力のさらなる定着を目指して、全学生が所属する「専門ゼミナール」を配置しています。
  6. 公認心理師が働く現場で求められる心理援助のための技法や知識について、さらに深く習得するために、「応用部門」を設定しています。
教育方法
  1. ゼミナール形式:基礎ゼミナール、専門ゼミナールなど、少人数で学ぶ科目を配置しており、各自がアクティブに授業に取り組むとともに、学生同士が協力しながら学びを深められるよう、グループでの作業やディスカッションなどを多く取り入れています(ピアインストラクション)。また、個々の学生の習得知識や学習スキルに関して教員が把握しやすく、個別に必要なサポートを提供します。
  2. 体験型、実技習得型:実際に自分たちで心理テストや傾聴技法を体験しながら習得する科目や、学外で現場実習をする科目を設定しており、知識だけではなく、技能や判断、倫理観などの深い理解を目指します。
  3. 双方向型:大人数の授業では、リアクションペーパーの活用などを通じて、できるだけ双方向型の授業を行い、学生の意見やニーズを反映した授業を展開します。
評価
  1. 4年間の学習の総括として、卒業論文への取り組みとその成果に対して、主査・副査を中心とする口頭試問及びルーブリック評価を実施し、カリキュラムの評価・改善をはかります。
  2. 毎学期、各授業における学生の情報を交換し、個々の問題に対応するとともに、学科の教育課程の改善をはかります。
  3. 学科教育については、本学科の学びの特徴に応じたカリキュラムアセスメントを実施し、カリキュラムの改善を行います。

アドミッション・ポリシー(AP)

臨床心理学科は、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示した資質・能力を総合的に身につけている学生を育成するために、以下の資質・能力を備えた学生を求めます。

知識技能
  1. 臨床心理学科の教育内容が理解できるように、高等学校の教育課程において学習した基礎的な知識・技能を修得している。
思考判断表現
  1. 臨床心理学に関連する事象に深い関心を持ち、高等学校までに学んだ知識・経験を踏まえ、自身の興味関心の有り様を、自らの言葉と視点で順序だてて説明することができる。
関心意欲態度
  1. 新たな知識や他者の意見に触れることを喜びと感じ、価値の多様性を理解したうえで、自らの意見を見直す開かれた姿勢をもっている。
  2. 社会と人間に関する様々な事象を自らの問題として捉え、自身の学びを地域や社会に活かし、他者と共に積極的に解決していこうとする意欲をもっている。