キャンパスライフ

CAMPUS LIFE

外国人短期留学生のお知らせ

東北地方太平洋沖・中越地震に関して

 

平成23年3月16日
 
 
 
平成23年3月11日発生、東北地方太平洋沖・中越地震におけるご報告
 
 
平成23年3月11日(金)午後2時46分頃、三陸沖牡鹿半島の東南東130km※1、震源の深さ24kmマグニチュード8.8(後日M9.0と訂正)が発生いたしました。3月15日(火)午前5:00付け国土交通省の発表に基に以下の報告を致します。
 
<被害状況概要>
 被災地域に於いてはいずれも被害甚大であり、特に震源地に近い宮城県においては地震被害及び津波被害2が深刻である。また、宮城県に隣接し、太平洋側に位置する岩手県・福島県においても被害は甚大であり、福島第一原子力発電所3に関しても今後の政府の対応を見ていく。
 
<東京の現状>
原発停止に伴い、関東一円での電力供給に支障が出ている。これに伴い電力消費を抑えるため、輪番停電が実施され各種鉄道では通常より本数を減らし運行し4月中までの対応となる見通し。この他の大きい支障は現在出ていない。
 
<大学の対応>
 本学に於いては現状の運営である。しかしながら、本日3/15予定していた学位授与式に関して余震や計画停電に伴う各種交通手段の運休を考慮し中止とした。本学は津波の震災地と一定の距離があり直接的な影響は今のところ考えられない。福島原発の避難勧告エリアは30km圏内と発表さている。
 
map.jpg
 
 

    多言語による緊急時行動のガイドが http://nip0.wordpress.com/ を参照してください。