大正大学 スガモで育む日本の未来。

人間学研究科 臨床心理学専攻
学内のカウンセリング研究所や外部機関との連携により実習が豊富

心理臨床の実務能力養成と公認心理師・臨床心理士の資格取得のための教育をはじめ、既に心理臨床や近接領域で働く専門家の再教育を行っています。

研究キーワード

  • アセスメントと心理援助
  • 臨床心理学の実証的研究
  • 専門職の養成

将来の活躍イメージ

  • 医療・教育・福祉・労働領域でのカウンセラー
  • 公務員(児童相談所・療育センターなど)
  • 一般企業の人事や研修講師

受験をお考えの皆様へ

ご存じのように2017年9月15日に公認心理師法が施行され、本大学院においても、同法施行にともなうカリキュラム、実習指導体制などの整備を進めております。本大学は従来の臨床心理士養成指定大学院としてのカリキュラムも継続して用意しておりますが、本大学院受験生は、以下の点にご留意いただきますようお願いします。

  1. 1.社会人入試および夜間開講の体制は当面維持いたしますが、公認心理師受験資格に対応するカリキュラム変更、とりわけ実習時間の確保の必要から、社会人入学者であっても、少なくとも平日2日を大学院での学修に利用可能であることを入学条件といたします。
  2. 2.学部新卒者についても、公認心理師カリキュラムに対応する(公認心理師法附則2条1項三号に該当する必要科目を読み替え可能なカリキュラムを備えた)大学以外の学科、専攻出身の方は、本学大学院を修了しても公認心理師受験資格が得られない可能性があります。

社会人入試をお考えの受験生の方、条件を満たす心理学関連学部以外の専攻から受験をお考えの受験生におかれましては、この点をご理解の上、受験申し込みいただけますようお願い申し上げます。

大正大学大学院人間学研究科臨床心理学専攻

もっと見る

学びの特色

実務能力養成と資格取得、専門家の再教育まで行います

01

附属のカウンセリング研究所や外部機関との連携で実習体制を強化

教育課程は、心理臨床実践教育と臨床心理学研究からなり、特に本学附属のカウンセリング研究所、ならびに教育・医療・福祉・労働の各領域の外部機関と連携し、実習体制を強化しています。
日中は、実習と実践にあてられるよう、講義は夜間と土曜日に行っているのも大きな特徴です。

02

臨床心理の実務を重視した本学ならではのカリキュラム

医療・司法・教育・福祉・労働などの多領域にわたり、臨床心理的課題の発見とその解決に向けた知識と技能を身につけるための講義科目が開設されています。また、臨床心理の実務を身につけるため、実習科目が開講されており、カリキュラムアセスメントを実施し、カリキュラムのPDCAシステムを推進しています。

03

研究指導は少人数で行い研究発表の機会を多く設けています

研究指導ならびに実習指導は複数教員による少人数ゼミナール形式で行っています。カウンセリング研究所のケース担当ならびにアセスメントにおいては、スーパーバイザーのもとで定期的な指導を受けることができます。村瀬嘉代子先生、平木典子先生などをお迎えした事例検討会や大学院紀要などによる研究発表の機会を多く設けています。

PICK UP

内山 登紀夫先生

  • 専門分野

    児童精神医学

  • 研究テーマ

    発達障害の診断と支援に関する臨床研究

自閉症スペクトラムを中心に発達障害の診断・評価・支援方法に関する調査や研究を行っています。特に震災後の福島の子どもや成人の支援を継続して行い、どのような特徴や支援方法が有効かを検討しています。
また、海外との交流も積極的に行っており、特に英国Bath大学の応用自閉症研究センターと協力して、日本自閉症応用研究センターを作り、今後共同研究を行います。

担当科目

M精神医学特論

授業の特徴

わかりやすい図表やテキストを用いて代表的な精神疾患・障害の要点を解説しており、臨床現場で生かせるような精神医学の考え方と診断・治療の基本的な理解を得ることを目標にしています。
また、精神科領域における心理の役割の理解ができるよう事例を提示し、実際にその事例を適切に支援する際にどのような方略を立てるべきか、自分なりの方法を考えさせる教育を実施しています。

修士課程

心理臨床の実務能力養成し、現場で求められる臨床心理士を養成

臨床心理学専攻博士前期(修士)課程は以下のようなポリシーを持って運営しています。

1. 設置科目の目的
臨床的倫理と研究倫理の両面を身につけるための科目として「臨床倫理特論」を配置します。また、臨床心理の実務を身につけるために、実習科目を配置します。また、修士論文の執筆を通して研究者としての技能を獲得します。
2. 研究指導について
研究指導ならびに実習指導は複数教員による少人数ゼミナール形式で行います。ケース担当ならびにアセスメントにおいては、スーパーバイザーのもとで定期的な指導を受けます。

取得できる資格・免許など

  • 臨床心理士第1種指定校大学院

卒業後の主な進路

  • 中学校・高校のスクールカウンセラー
  • 医学部附属病院、精神科・心療内科クリニック
  • 東京都教育相談センター、小児総合医療センター
  • 養護施設などの心理療法担当職員

教育方針

ディプロマ・ポリシー(DP)

臨床心理学専攻は、大学が掲げている教育ビジョン「4つの人となる」を、生涯を通じて体得していこうとする大学院生を育成するために、臨床心理学専攻の教育課程を修了し、以下の資質・能力を備えた大学院生に学位を授与します。

知識技能
  • 臨床心理学の諸理論と技法を実践力として獲得している。
  • 幅広い知的好奇心と社会性を兼ねそなえ、社会人としての良識を備えている。
  • 心理学の科学的研究方法を身につけている。
思考判断表現
  • 客観性を重視する科学的視点と共感性を軸とする臨床的視点の両方を身につけ、多面的な実践ができる。
  • 専門的文献を正確に理解するとともに、自らの問題意識に照らした建設的批判精神をもって評価し、臨床と研究に応用することができる。
関心意欲態度
  • 互いの個性や多様な価値観を尊重しながら他者と協働し、学びや研究を構築しようとする姿勢を有している。
  • 臨床心理実践における倫理と研究者としての倫理の重要性を学ぶことを通じて責任ある専門職としてとるべき行動や態度が身についている。

カリキュラム・ポリシー(CP)

臨床心理学専攻は、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示した資質・能力を総合的に身につけている大学院生を育成するために、以下のカリキュラムを編成します。

教育内容
  • 医療/司法/教育/福祉/労働等の他領域にわたり、臨床心理的課題の発見とその解決に向けた知識と技能を身につけるための講義科目を開設します。
  • 臨床的倫理と研究倫理の両面を身につけるための科目として「臨床倫理特論」を配置します。
  • 臨床心理の実務を身につけるために、実習科目を配置します。
  • 修士論文の執筆を通して研究者としての技能を獲得します。
教育方針
  • 研究指導ならびに実習指導は複数教員による少人数ゼミナール形式で行います。
  • ケース担当ならびにアセスメントにおいては、スーパーバイザーのもとで定期的な指導を受けます。
  • 紀要等による研究発表の機会を提供します。
評価
  • 2年間の学習の総括として、修士論文への取り組みとその成果に対して、主査・副査を中心とする口頭試問及びルーブリック評価を実施し、カリキュラムの評価・改善を図ります。
  • 毎学期、各授業における院生の情報を交換し、個々の問題に対応するとともに、専攻の教育課程の改善を図ります。
  • 修了時には、カリキュラムアセスメントを実施し、カリキュラムのPDCAサイクルを推進します。

アドミッション・ポリシー(AP)

臨床心理学専攻は、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示した資質・能力を総合的に身につけている大学院生を育成するために、以下の資質・能力を備えた大学院生を求めます。

知識技能
  • 臨床心理学専攻の学びに必要な心理学の基礎知識を有している。
  • 専門文献の講読と検索に必要な英語力を有している。
  • 年齢やキャリアの異なる人々との協調性と社交性を有している。
思考判断表現
  • 物事を論理的に考えることができる。
  • 心理学分野の既存の見解に対する建設的な批判をすることができる。
  • 正確でわかりやすい文章により自分の考えを表現することができる。
関心意欲態度
  • 文化や歴史、人間の生活にかかわる様々な問題に対して深い関心を持っている。
  • 自らの学びを通して臨床心理実践に積極的に関わっていこうとする意欲を持っている。
  • 他人の立場に立って物事を考え行動する態度を有している。

担当教員

  専任教員 専門分野
教授 青木聡 離婚後の面会交流と片親疎外に関する研究
教授 伊藤直文 非行犯罪臨床、思春期・青年期への心理支援、家族・夫婦紛争の支援
教授 内山登紀夫 児童精神医学
教授 近藤直司 児童青年精神医学、家族療法・家族支援、精神力動的精神医学
教授 玉井邦夫 虐待・DVの家族支援、障害をもつ子どもと家族への支援
教授 日笠摩子 自助・心理療法・臨床家教育としてのフォーカシングの活用とその研究
教授 森岡由起子 低出生体重児の発達のアセスメントと母子支援& 就学後の学校内支援、児童青年期の神経症・心身症の治療と援助
准教授 栁田多美 臨床心理学、トラウマ体験後の介入
准教授 井澗知美 発達臨床心理学

カリキュラム

臨床心理学専攻では、国家資格「公認心理師」の資格取得に対応したカリキュラムを2018年4月より展開します。

ポイント1

新たに公認心理師(国家資格)取得に向けたカリキュラムを展開するほか、従来の臨床心理士資格対応カリキュラムも維持します。

ポイント2

公認心理師取得に向けた指定9科目では、1つの区分について複数科目を配当し、手厚い教育を行います。

ポイント3

資格取得に向けた科目だけでなく、心理臨床家としての基礎力と実践力を身に付けるための科目群を豊富に用意しています。

ポイント4

450時間以上行う心理実践実習では、大正大学大学院として連携している実習先をさらに拡充。医療、福祉、教育、産業の分野で39か所(2018年1月現在)から実習先を選べるのは、大正大学大学院ならではの強みです。

ポイント5

50年以上の歴史を持つカウンセリング研究所を併設。内部実習も充実しています。

科目履修方法

基礎科目

臨床心理学特論4単位、心理査定特論4単位、臨床心理面接特論4単位の計12単位を必修、臨床心理基礎実習を2科目2単位、臨床心理実習を2科目2単位、それぞれ選択必修とする。

分野科目

3科目6単位以上選択必修とする。

特殊研究・課題研究・研究指導・実践分析研究・事例研究について

1年次からの必修であり、修了までのあいだ、継続的に履修しなければなりません。また科目の履修にあたっては専攻の指導にしたがってください。ただし、修了要件として認定できる単位数は修士課程8単位・博士後期課程12単位までとします。

臨床心理学専攻別科目一覧(修士)

公認心理師対応新カリキュラム 臨床心理士カリキュラム 公認心理師
科目区分 科目名 区分 担当教員 単位指定 科目名 区分 必要単位
基礎科目 M臨床心理学特論A   日笠 摩子 12単位必修 M臨床心理学特論A 必修 各区分1科目
計2科目必修
M臨床心理学特論B   玉井 邦夫 M臨床心理学特論B 必修
M心理査定特論A(心理アセスメントに関する理論と実践A) 6 伊藤 直文 M臨床心理学査定特論A 必修
M心理査定特論B(心理アセスメントに関する理論と実践B) 6 森岡 由起子 M臨床心理学査定特論A 必修
M臨床心理面接特論A(心理支援に関する理論と実践A) 7 日笠 摩子 M臨床心理面接特論A 必修
M臨床心理面接特論B(心理支援に関する理論と実践B) 7 伊藤 直文 M臨床心理面接特論B 必修
M臨床心理基礎実習A   日笠 摩子 2科目
2単位
選択必修
M臨床心理基礎実習A 必修  
M臨床心理基礎実習B   日笠 摩子 M臨床心理基礎実習B 必修  
M臨床心理基礎実習A   青木 聡 M臨床心理基礎実習A 必修  
M臨床心理基礎実習A   伊藤 直文 M臨床心理基礎実習A 必修  
M臨床心理基礎実習A   森岡 由起子 M臨床心理基礎実習A 必修  
M臨床心理基礎実習A   井澗 知美 M臨床心理基礎実習A 必修  
M臨床心理基礎実習B   日笠 摩子 M臨床心理基礎実習B 必修  
M臨床心理基礎実習B   青木 聡 M臨床心理基礎実習B 必修  
M臨床心理基礎実習B   伊藤 直文 M臨床心理基礎実習B 必修  
M臨床心理基礎実習B   森岡 由起子 M臨床心理基礎実習B 必修  
M臨床心理基礎実習B   井澗 知美 M臨床心理基礎実習B 必修  
M臨床心理実習A   日笠 摩子 2科目
2単位
選択必修
M臨床心理実習A 必修  
M臨床心理実習A   青木 聡 M臨床心理実習A 必修  
M臨床心理実習A   伊藤 直文 M臨床心理実習A 必修  
M臨床心理実習A   森岡 由起子 M臨床心理実習A 必修  
M臨床心理実習A   井澗 知美 M臨床心理実習A 必修  
M臨床心理実習B   日笠 摩子 M臨床心理実習B 必修  
M臨床心理実習B   青木 聡 M臨床心理実習B 必修  
M臨床心理実習B   伊藤 直文 M臨床心理実習B 必修  
M臨床心理実習B   森岡 由起子 M臨床心理実習B 必修  
M臨床心理実習B   井澗 知美 M臨床心理実習B 必修  
分野科目 M臨床心理学事例演習Ⅰ   森岡 由起子 3科目
6単位以上
選択必修
M臨床心理学事例演習Ⅰ    
M臨床心理学事例演習Ⅱ   森岡 由起子 M臨床心理学事例演習Ⅱ    
M臨床心理学専門特論A   原田 誠一 M臨床心理学専門特論A    
M臨床心理学専門特論B     M臨床心理学専門特論B    
M臨床心理学研究法特論   能智 正博 M臨床心理学研究法特論 A群  
M心理学研究法特論   青木 聡 M心理学研究法特論 A群  
M人格心理学特論   森岡 由起子 M人格心理学特論 B群  
M精神医学特論(保険医療分野に関する理論と支援の展開A) 1 内山 登紀夫 M精神医学特論 D群 各区分1科目
計7科目必修
M神経心理学特論(保険医療分野に関する理論と支援の展開B) 1   M神経心理学特論 D群
M障害者(児)心理学特論(福祉分野に関する理論と支援の展開) 2 井澗 知美 M障害者(児)心理学特論 D群
M発達心理学特論(教育分野に関する理論と支援の展開B) 3   M発達心理学特論 B群
M学校臨床心理学特論(教育分野に関する理論と支援の展開A) 3 伊藤 亜矢子 M学校臨床心理学特論 E群
M犯罪心理学特論(司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開A) 4 伊藤 直文 M犯罪心理学特論 C群
M関係法規特論(司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開B) 4   M関係法規特論 C群
M産業心理学特論(産業・労働分野に関する理論と支援の展開) 5 隅谷 理子 M産業心理学特論 C群
M家族心理学特論(家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と実践) 8 玉井 邦夫 M家族心理学特論 C群
      Mグループアプローチ特論 E群
M健康心理学特論(心の健康教育に関する理論と実践) 9 近藤 直司    
  心理実践実習 10 全教員   M臨床心理実習A 必修 必修
  臨床心理学特殊研究     必修 臨床心理学特殊研究 必修  

研究テーマ例

  • 在カナダの日本人青年のライフストーリー ー「逃亡」の意味についてー
  • 発達障害のある児童・生徒の学校生活における困り感 ー本人と保護者の認識の違いの検討ー
  • 精神障害者と支援者のかかわりについて ー精神障害者の就労支援の実践知をTAEを使って言語化する試みー
  • 保護者に生じる「気になる」を考える ー保育者との語り合いから見えてくるものー
  • 夫婦間の葛藤にさらされた青年の抱える問題とその回復を支える要因
  • 教師が保護者対応で体験する心理的負担と支援 ー中学校教師へのインタビュー調査からー
  • グリーフ・キャンプを通して学生ボランティアはどう変化したか ー体験の聞き取りと学生への有効なサポートの検討ー
  • 困り感の強い学生の学校適応について ー援助要請スタイルからの検討ー
  • ASD児に対する囲碁グループ活動の有効性の検討
  • フォーカシング体験学習が傾聴技能に与える影響 ーパーソン中心・体験心理療法尺度(PCEOPS)による効果測定を中心にー
  • 勤労者における相談行動の利益・コスト尺度の作成

COURSE研究科・専攻科カテゴリ一覧