大学紹介

ABOUT TAISHO

最新ニュース

「慈覚大師円仁 1150年ご遠忌 讃仰 ほとけの世界につつまれて
~天台声明と雅楽による法要の夕べ~」開催のお知らせ

平安時代の初め、日本に天台宗を開いた伝教大師最澄のお弟子に、慈覚大師円仁という方がいらっしゃいました。伝教大師と同様、遣唐使船で唐(中国)に渡り、9年間の苦労の末、今日の天台宗の基礎となる多くの教えを日本にもたらしました。声明の日本への伝来も慈覚大師の大きな功績のひとつです。

本年は、慈覚大師の滅後1150年のご遠忌にあたります。さまざまな思想や文化をもつ仏教の中でも、特に私たちの心に響く声明を、慈覚大師の業績に思いをよせてお届けいたします。

第1部は慈覚大師が中国より伝えたとされる「常行三昧」という法要、第2部は慈覚大師への讃仰の気持ちを込めた「散華対揚」という法要を心をこめてお勤めしたいと思います。


 ■日時:平成25年12月21日(土) 午後3時30分開宴(開場3時)

■会場:大正大学 礼拝堂ホール         全席自由席 入場無料 

 

 

天台声明講演13.jpg

 

 

 

出演


天台声明   大正大学天台学研究室 教職員・学生・OB
         
雅楽      大正大学雅楽倶楽部
         

 

公演内容


1 常行三昧
2 散華対揚

 

開演 15:30  終了 17:30


 

 

企画/主催 大正大学台友会(天台学研究室内)
後    援           大正大学山家学会