大学紹介

ABOUT TAISHO

最新ニュース

天台声明と雅楽の夕べ
「仁王尊開眼~みほとけの心にふれる~」開催のお知らせ

 
 仏教がインド以来、脈々と受け継がれる中で、多くの如来や菩薩そして天部の神々にいたるまで、さまざまな尊像が造られ信仰されてまいりました。
 大正大学では、仏像の修復作業を通して信仰のかたちに触れる授業を開講しています。今年の声明公演では、この授業で復元された金剛力士像(仁王像)の開眼法要を中心として、天台声明の調べをおとどけいたします。
 「お仁王さま」はぎょろりとした大きな眼で睨みつけ、怖いおすがたをしておりますが、内面には仏さまと同じ慈悲の心があります。これを仏教では内秘外現といいます。お仁王さまのおすがたの中に、みほとけの心を感じていただければと思います。
今回の法要の功徳がすべての皆さまに行き渡りますよう、一同心をこめてお勤めいたしますので、どうぞご来場下さいますよう、ご案内申し上げます。
 
 
■日 時:平成26年12月20日(土) 15:30開宴(開場15:00)
■会 場:大正大学 礼拝堂ホール    全席自由席 入場無料
 
 
出演
天台声明  大正大学天台学研究室 教職員・学生・OB
雅楽     大正大学雅楽倶楽部
仏像修復  仏教文化研究D 受講生
 
公演内容
1 法華懺法
2 光明供法要
 
開演 15:30 終了17:30
 
企画/主催 大正大学台友会(天台学研究室内)
後  援 大正大学山家学会
 
 
 
H26天台声明.png