大学紹介

ABOUT TAISHO

最新ニュース

大学×地域×盆踊り?! 第6回 鴨台盆踊り 開催

大正大学は2016年7月8日(金)~9日(土)の2日間、「第6回 鴨台盆踊り」を開催します。学生、教職員だけでなく、地域の方も参加できるイベントとして実施。全国でも珍しい学生企画・運営の盆踊りイベントで、大正大学で開講する「サービスラーニング(地域をフィールドに課題解決等を行い、学びを展開する授業科目)」という授業で今回の盆踊りのプロデュースを行っています。

■戦後〜1970年代まで続いたイベントを、2011年に復活

 今年で第6回目を迎える鴨台盆踊りは、戦後に始まり、大正大学を会場として実施されていました。1970年代に盆踊りは廃止されていましたが、2011年に東日本大震災の犠牲者の追悼・被災地の復興支援を掲げ、現在の盆踊りが開催されるようになりました。

 

 

■地域イベントを学びのフィールドに

本イベントは、全国でも珍しい学生企画・運営の盆踊りイベントです。大正大学で開講している「サービスラーニング」という地域をフィールドにして課題解決等を行う授業科目の中で、盆踊りのターゲット設定からイベント内容企画、広報、会場設営などを行います。学生自ら大学職員とコンタクトを取り、備品の手配や対外的な広報の依頼などを行い、自ら行動する力、関係者との関係構築や調整力などを養います。

 

<学生企画イベントの例>

 ・浴衣基金

  運営側が浴衣姿の来場者1人に対し、50円を積み立て、積み立てた合計金額を熊本地震の被災地義援金とするも
     の。浴衣姿の来場者が増えれば増えるほど義援金が増えるほか、盆踊りもより夏らしい雰囲気が演出できる。

 

・#おうだい盆踊り2016フォトコンテスト

  浴衣姿の来場者をターゲットに、大正大学らしい写真を撮り、SNSに「#おうだい盆踊り2016」のハッシュ
   タグをつけてアップしてもらう。どの写真が最も大正大学らしさを表しているかを競う。

IMG_5532昨年のイベントの様子

■巣鴨から地域人材育成

 大正大学は2016年に90周年を迎え、「スガモで育む日本の未来。」をスローガンとして、地域創生学部がスタートするなど、地域人材の育成にも力を入れています。

 
大正大学の近隣地域でも、商店街の活性化といった課題があります。本イベントは大学と学生と地域を巻き込んだ、地域活性化のイベントとしても機能し、昨年は約2000人を動員した巣鴨の新たな夏の風物詩となりつつあります。

 

■イベント詳細

 夏のはじめは大学で踊ろう!!「第6回鴨台盆踊り」

 日 時:201678日(金)、9日(土)

     16時~ 開場

     18時~ 盆踊り開始

     20時  終了予定

 会 場:大正大学 巣鴨キャンパス ※雨天決行

 主 催:大正大学

 後 援:豊島区

IMG_1679