大学紹介

ABOUT TAISHO

最新ニュース

【書籍】人文学科の星川啓慈教授の新刊『宗教哲学論考――ウィトゲンシュタイン・脳科学・シュッツ』刊行のご案内

人文学科の星川啓慈教授が執筆した『宗教哲学論考――ウィトゲンシュタイン・脳科学・シュッツ』が、2017年3月31日に明石書店より刊行されます。

 


▲クリックするとAmazonの商品ページが開きます

 

宗教哲学三部作、ここに完結!
宗教哲学者である著者が生涯ずっと関心を抱いてきた2人の哲学者、L・ウィトゲンシュタインとA・シュッツ。この2人の哲学を中心に生、神、神経科学(脳科学)、心、祈り、宗教といった問題に独自の視点から挑んだ〈星川宗教哲学〉の集大成。

 

【目次】
第1章 ノルウェーにあるウィトゲンシュタインの「小屋」の跡に立って
第2章 独創的な「否定神学」の著作としての『論理哲学論考』――ボヘンスキーの批判も踏まえて――
第3章 太陽とウィトゲンシュタインの宗教体験――一九三七年三月に書かれた『哲学宗教日記』の分析――
第4章 決定論と自由意志論の狭間を生きたベンジャミン・リベット――ユダヤ教と実験神経生理学――
第5章 宗教哲学と脳科学――エクルズ/ポパーの『自我と脳』と「神経宗教哲学」の構想――
第6章 シュッツ現象学による「祈り」の分析――言語哲学の観点とともに――

 

新著では、L・ウィトゲンシュタイン(1889-1951)とA・シュッツ(1899-1959)という2人の哲学者に影響を受けながら、宗教(主としてユダヤ=キリスト教伝統のもの)について、宗教学・言語哲学・論理学・現象学・心理学・精神医学・神経科学(脳科学)・文献学・現地調査(ノルウェーの「ソグネフィヨルド」の最奥の村)など、さまざまな観点から縦横無尽に論を展開しています。