大学紹介

ABOUT TAISHO

最新ニュース

10/28(土)に「没後200年記念コシチューシコ・シンポジウム」開催のお知らせ

10/28(土)大正大学において、ポーランド広報文化センター主催「没後200年記念 コシチューシコ・シンポジウム」が開催されます。

■概 要
日  時:2017年10月28日(土)13時~18時20分
会  場:大正大学 5号館3階 531教室(東京都豊島区西巣鴨3-20-1)
主  催:ポーランド広報文化センター
共  催:フォーラムポーランド組織委員会
後  援:大正大学
申込方法:文学部 歴史学科 教授 白木太一〔t_shiraki@mail.tais.ac.jp〕宛にメールにてお申込みください。
※入退場自由・入場無料

■内 容
報  告 ① 白木太一(大正大学)「1791年5月3日憲法からコシチューシコ蜂起へ」
     ② 小山 哲(京都大学)「環大西洋革命を生きる―タデウシュ・コシチューシコの軌跡」
           ―質疑応答と休憩―
映画上映 ①『ヴォイチェフ・コサック、クラクフ市場広場におけるコシチューシコの誓い』
     ②ユゼフ・レイテス監督『ラツワヴィツェのコシチューシコ』(1938年、日本未公開、英語・日本語字幕付き)
解説:久山宏一(ポーランド広報文化センター)
           ―質疑応答―
司会:柴 理子(城西国際大学)



我が国の世界史の教科書にもその名前が登場する、18世紀ポーランドが生んだ民族的英雄、タデウシュ・コシチューシコ(17461817年)。しかし、わが国でこの人物と彼がかかわった時期のポーランド史について詳細に語られる機会は多くはありません。
没後200周年を迎えて、来る10月28日(土)、ポーランド広報文化センター主催、フォーラムポーランド組織委員会共催、大正大学後援のもとでシンポジウムが開催される運びになりました。
コシチューシコを生み出した18世紀後半のポーランド、環大西洋革命の中のコシチューシコ、映像の記憶の中のコシチューシコなどのテーマで、コシチューシコを多角的に分析し、その意義について皆様と考えてみたいと思います。

コシチューシコ・シンポジウム(修正2)のサムネイル