大学紹介

ABOUT TAISHO

最新ニュース

本学卒業生の中野淳也さんと人間科学科 長谷川智子先生の共同論文が「平成30年小児保健協会研究助成賞」を受賞

中野淳也さん(平成283月大学院人間学研究科人間科学専攻修士課程修了)と心理社会学部 人間科学科 長谷川智子先生の共同論文が「平成30年小児保健協会研究奨励賞」を受賞しました。



本賞は、平成29年において小児保健研究に掲載された論文の中から最優秀論文と認められたものに授与されたものです。

受賞対象となった論文は「乳幼児期の食事場面における母子相互作用の縦断研究-母子の情動表出と葛藤的やりとり-」(第762号)であり、子どもの食事場面での母子のやりとりを離乳食開始から24カ月齢までの間において1カ月ごとに縦断的に観察し、母子の情動表出と葛藤的やりとりについて量的・質的分析を丹念に実施したものです。

乳幼児の食については、多くの母親が困ったり、悩んだりするものですが、本研究では、分析結果に基づいて、そのような母親の悩みが子どものどのような行動から生じるのか、専門家が個別的意味合いをくみ取って母親にフィードバックすることの必要性が論じられており、小児保健の充実や向上に寄与するものと認められました。