大学紹介

ABOUT TAISHO

最新ニュース

鴨台祭にて表現学部の学生主催イベント『映像祭2018』開催―11月3日(土)、4日(日)会場:大正大学―

大正大学では、2018年11月3日(土)、4日(日)に学園祭のアカデミック企画として『映像祭2018』を開催します。
本イベントは、企画、プロデュース、広報、運営などを全て表現学部の学生が行っています。
今年は“夢のつかみ方”をテーマにNHK「ブラタモリ」初代プロデューサー尾関憲一氏の特別講演会(公開授業)と学生たちが厳選した番組の上映会を開催します。


     『映像祭2017』来場者の受付をしている様子

『映像祭2018 NHKプロデューサー尾関憲一さん特別講演会 ~夢のつかみ方~』
このイベントは今年で5回目を迎えました。毎年、表現学部表現文化学科エンターテインメントビジネスコースの1・2年生が、授業を通して学んだ企画立案・運営方法をいかして、イベントをプロデュースし、これまでの学びを実践することを目的としています。
今年は「ブラタモリ」「天才てれびくん」などを手掛けたNHKプロデューサー尾関(おぜき)憲一(けんいち)氏をお招きし、特別講演会を4日(日)午後に開催します。両日、学生たちが厳選した番組の上映会も開催します。

<イベント詳細>
【日 程】2018年11月3日(土) 上映会 12:30 開場 13:00 開演 16:00 終了予定
             4日(日) 上映会 11:00 開場 11:30 開演
               講演会 14:00〜 16:30 終了予定
【会場】大正大学 巣鴨キャンパス 3号館3階表現学部フロア
    〒170-8470 東京都豊島区西巣鴨3-20-1(都営三田線西巣鴨駅から徒歩 2)
【入場料】無料(予約不要)
【上映作品】「2度目のイタリア・アマルフィ編」
      「ぼくらはマンガで強くなった~SPORTS×MANGA~柔道編」
      「ニッポン知らなかった選手権・実況中! レスキュー隊 技術大会(千葉大会)
      「キャラとおたまじゃくし島(第1話~第5話)」ほか 詳細は後日ブログに掲載
【学生のコメント】
今年のテーマは「夢のつかみ方」です。イベントを通して、夢をつかむには何をしたらよいのか、どのように夢をつかむのかを考えたいという思いからこのテーマに決定しました。私たちのコースでは実践的な授業を行っており、実社会でプロとして活躍している方の貴重なお話から多くを学ぶことができると考えています。幅広い世代の方に公開授業と上映会を楽しんでいただきたいです。

 

ゲスト:NHKプロデューサー 尾関憲一氏
早稲田大学教育学部国語国文学科出身 『ブラタモリ』の初代プロデューサーとして番組を担当したほか、『東京カワイイ★TV』『迷宮美術館』『BSマンガ夜話』『天才てれびくん』など、幅広い番組を手掛けている。
放送総局編成制作・青森放送局・番組制作局ファミリー番組部・広島放送局・衛星放送局・制作局番組開発などを経てNHKエデュケーショナル事業推進室専任部長。著書に「時代をつかむ!ブラブラ仕事術」(2013年5月6日初版発行)がある。
■SNS:映像祭2018 @tais_enbiz2018
■ブログ:https://www.tais.ac.jp/faculty/department/entertainment_business/blog/
■主催・企画・運営:大正大学表現学部表現文化学科エンターテインメントビジネスコース

■表現学部・表現文化学科エンターテインメントビジネスコース
2013年(平成25年)に設立され、創作活動の主体となる者を育成するだけでなく、それらのマネジメントを扱うプロデューサー、マネージャーの育成を目指しています。企画立案、運営などのワークショップを通して、自らがチームの一員としてどのように必要とされるのか、また、どのように行動していくのかを模索します。さらに知的財産権、マーケティング、広報戦略などの知識を学び、センスを磨くことで、業界の枠を超えて広く社会で活躍する能力を養います。

取材に関するお問い合わせ
大正大学 広報課 新井
電話:03-5394-3025(直通)FAX:03-5394-3068
E-mail:kouhou@mail.tais.ac.jp