大学紹介

ABOUT TAISHO

最新ニュース

「大正大学魅力化・働き方改革検討チーム・新8号館活用検討委員会」最終報告会を実施しました

2018年3月26日(火)に「大正大学魅力化・働き方改革検討チーム・新8号館活用検討委員会」最終報告会を実施しました。

11月に発足したこの検討チームは、7つの分野で構成されました。
各チームで、全学部が一つのキャンパスに集約・一体化した大正大学の特色を最大限生かしたワンストップサービスの構築に向けた取り組みを推進するための方策等を検討し、最終報告会を実施する運びとなりました。
最終報告会での各チームの報告内容は以下の通りです。

1.教育・研究チーム
  ①生涯学習センターを設置し、オープンカレッジなどを展開して「仏教主義」・「地域主義」を推進する
  ②2030年までに偏差値58、2040年までに偏差値65到達へのロードマップ
  ③複数組織間連携により、社会的事業を創出・運営する

2.学生支援チーム
  ①多様な学生に柔軟に対応することが可能な組織作り(精神面、経済面、学習面)

3.国際交流チーム
  ①仏教主義・地域主義にもとづいた国際交流のありかた

4.地域貢献/社会連携チーム
  ①「仏教」ブランドの確立
  ②自治体連携・地域連携研究教育推進プログラム
  ③大学発の多文化共生社会モデルの提示

5.高大接続(入試改革)チーム
  ①10年で偏差値を10アップさせる方策
  ②学科の魅力化を推進する
  ③働き方改革

 6.経営・運営チーム
  ①魅力的・効率的な職場環境の構築

7.新8号館検討委員会チーム
  ①新8号館学修コミュニティ創り
  ②スマートフォン・アプリを活用した学習支援策
  ③図書館ゾーニングの徹底
  ④チューターの活用による学修支援策
  ⑤ポートフォリオと学術情報のコラボ活用