大学紹介

ABOUT TAISHO

最新ニュース

オンライン授業期間(5/7~7/18)の図書館サービスのお知らせ

5月7日(木)以降の学生向け図書館サービスについて

図書館は終日閉館としますが、大正大学学部生・大学院生に対する図書の貸出と複写のサービスを受け付けることが決定いたしました。
5月7日(木)以降、Web申込による図書の貸出と複写のサービスを開始します。(詳細は図書館のホームページとT-Poでお知らせします。)


貸出について(全学生対象)
希望をいただいた図書は、図書館から宅配便などを利用し、学部生・大学院生のご自宅へお送りします。図書返却のための着払い伝票も一緒に送付します。


複写について(大学院生・学部4年生対象)
図書や雑誌の複写についても、コピー代と送料は大学で負担します。


>>図書館ホームページはこちらから


«大正大学附属図書館長よりメッセージ»

学生のみなさんへ

 新型コロナ感染の拡大が新たなフェーズ(局面)に入り、市中感染の拡がりが懸念されています。
本学におきましても、4月4日に大学入構禁止の措置になり、7月までオンライン授業を実施すると決定したところです。
これに合わせて、5/7以降の図書館のサービスについて決定いたしました。学生のみなさんには大変なご不便をおかけしています。
 今回の措置は全ての学生の生命と安全を最優先するためのものです。また、緊急事態宣言発出の中にあって、
1日も早い感染拡大の収束に協力するため、教育研究機関としての大きな責任を果たすということでもあります。
学生のみなさんは不要不急の外出を控え、自粛生活を続けていると思います。
このような時だからこそ、在宅時間を利用して、今しかできないことに注力することを願います。
気持ちを切り替え、「多くの時間ができた」と、むしろ前向きに捉え、できる範囲の中で、学習や研究に集中されることを期待しています。
 東日本大震災の直後、避難所となった岩手県気仙市立階上中学校では、避難住民が見守る中で卒業式がとり行われました。
梶原裕太さんの答辞は、全国に報道されました。今も心に強く残ります。

`苦境にあっても天を恨まず運命に耐え、助け合って生きていくことが、これからの私たちの使命です。`

この言葉は、私たちに多くのことを示唆しています。
 学生のみなさん一人ひとりの安寧を祈るとともに、1日も早い再開を心待ちにいたします。この逆境をともに乗り超えて参りましょう。

※なお、ウェブサイトでの複写や貸し出しサービス申請は、職員も在宅勤務中であり交代で出勤している中ですので、
時間を要することをご容赦ください。

附属図書館長 稲井 達也