大学紹介

ABOUT TAISHO

最新ニュース

コロナ禍における新たな対面支援について~学長メッセージ~

 コロナ禍という未曽有の事態において、春学期から急遽導入したオンライン授業に、当初は慣れないこともあったかと思います。学生のみなさんと教職員の協力のもと、授業内容を充実し、概ねスムーズに運営することができました。ご協力に感謝いたします。

 9月26日(土)から秋学期/第3 クォーターが始まります。本学では、コロナ禍の中、学生のみなさんの安全を守るため、秋学期/第3 クォーターにおいても「一部対面授業を除き、オンライン授業を継続する」という決断をし、みなさんにお伝えしたところです。

 その後、大正大学の魅力化構想である『INNOVATE5』という新たな取り組みにおいて、この決断が“新共生主義”を掲げる本学の在り方として適切であるか議論を重ねてまいりました。さらに、新型コロナウイルスや不測の事態と共存する社会を想定しながら、建学の理念に基づき学生のみなさんに寄り添う新たな授業運営・キャンパス運営「コロナ禍における新しい対面支援」に向けて準備も進めてきました。その結果、本学は秋学期/第3 クォーターよりキャンパスを開放し、通学を希望する学生を受け入れることといたしました。受け入れにあたっては学生の安全・安心を第一に感染防止対策を講じた上で、新8号館を活用した「コロナ禍における新たな対面支援」を行い、学生のみなさんのキャンパスライフ復活に教職員一丸となって取り組んでいます。

 対面授業が可能となる科目や利用可能な施設・設備について順次ご案内しています。また、来年度から実施を予定している「新時代の地域のあり方を構想する地域戦略人材の養成」に向けた新たなカリキュラムも開設いたします。

 こうした対面授業を一部実施する上で、学生のみなさん一人ひとりが感染防止のために、これまで以上に責任ある行動をとることが重要です。教職員共々、学生のみなさんにも「自ら感染しない、他の人に感染させない」という自覚ある行動をお願いします。

 学生のみなさん、特に一度もキャンパスでの学修を体験できていない1年生のみなさんは、キャンパス内で交流できることを大いに期待しているかと思います。すべての教職員も、みなさんとキャンパスでお会いできることを楽しみにしています。

 学生のみなさんと教職員が協働して、大正大学のキャンパスライフを復活させましょう!

 大正大学 学長 髙橋秀裕