大学紹介

ABOUT TAISHO

最新ニュース

【卒業生の活躍】第37回ATP賞テレビグランプリ奨励新人賞を受賞した髙村安以さん(放送・映像表現コース2016年度卒)が表敬訪問しました

第37回ATP(全日本テレビ番組製作者連盟)賞テレビグランプリにおいて奨励新人賞を受賞した髙村安以さん(表現文化学科 放送・映像表現コース2016年度卒)が、表敬訪問しました。




(左:髙村安以さん 右:髙橋秀裕学長)

◆ATP賞テレビグランプリとは
ATP(一般社団法人全日本テレビ番組製作社連盟)では、製作会社の社会的機能を高め、制作スタッフ一人ひとりの情熱や気概に応えるために、創り手である製作会社のプロデューサーやディレクターが自ら審査委員となって優れた作品を選ぶ、日本で唯一の賞として1984年に「ATP賞」を創設しました。ドラマ部門、ドキュメンタリー部門、情報・バラエティ部門の3つのジャンルで作品を募集し、毎年100本を超える応募作品の中から、グランプリ、最優秀賞、優秀賞などが選ばれます。
(ATP(一般社団法人全日本テレビ番組製作社連盟)HPより引用)

◆髙橋学長より
卒業生の活躍は私たちのエネルギーにもなる、本当に嬉しいことです。
今回の作品は地域(横浜)の人との関わりを大切にして取り組んだとのことですが、今後も、地域の活性化につながるように、映像作品を作っていただきたいと思います。
これからの時代、既存の価値だけでなく、違った角度での「次元」を変えて物事を見ることが、非常に重要となってきます。また、縁を大切に、すべての縁がつながっていることに気づきを得ながら、頑張ってください。ますますのご活躍を応援しています。

◆髙村さんより
今回、制作過程である取材力、編集力に評価をいただけたと感じています。
大学での活動は、ゼミや授業での取り組み以外にも映像制作に関わったこと、学内のイベントに関わったこと、ひとつひとつ全ての経験が今に繋がったと感じています。賞をいただいた『地球タクシー「横浜を走る」』では、地域に出て取材するシーンは物怖じしなかったです。きっと、大学での経験が糧になっているのだと思います。
今後は、高知の番組を自発的に作っていきたいと思います。
また、次は、ギャラクシー賞を狙っています。頑張ります!


今後の髙村さんの益々のご活躍を祈念いたします。