大学紹介

ABOUT TAISHO

最新ニュース

【学びの紹介】12月1日(水)令和3年度成道会が開催されました

テーマ「平和な日常へ~祈りは届く~」

朝まで降っていた雨が嘘のようなさわやかな秋晴れのもと、色付いた学内の銀杏並木に照らされて令和3年度の成道会が12月1日(水)に挙行されました。(YouTube配信にて挙行)

成道会(じょうどうえ)とは、お釈迦様が悟りをひらかれた日(12月8日と伝承されています)を記念してお祝いする仏教行事です。
 本学では、仏教学科の「現代社会と仏教D」という授業において、仏教行事を再検討し伝統の枠にとらわれない豊かな発想と表現方法を模索し、社会教化(布教)の可能性と方法を、具体的な企画・運営を通じて学んでいます。その集大成として毎年この行事を実施しています。

 そのために、授業では受講生全員で実行委員会を組織し、委員長や各担当の選出、テーマの設定と具体的な企画の立案、宣伝活動など、毎回会議を重ねて当日に臨みます。
 今年度のテーマ「平和な日常へ~祈りは届く~」には、将来、僧侶となることを志す各宗派の学生が、共に自粛生活を耐えた友人や家族、最前線で闘い続けてくださっている医療従事者の方々への感謝の思いが込められています。コロナ禍は少しづつ落ち着きを取り戻しつつありますが、一日でも早く平和な日常が訪れるよう学内参加型の形を取り、護摩で祈りを届けました。