大学紹介

ABOUT TAISHO

最新ニュース

【プレスリリース】産学連携!エンターテインメントの力で社会課題の解決を模索 ~第4QT「情報格差の是正」プレゼン決勝戦を開催~

大正大学の表現文化学科アート&エンターテインメントワークコースの 2 年生 59名が、2021年度秋学期ソーシャルデザイン基礎(担当教員:外川智恵)の授業において、企業・団体(計 6 企業・団体)と共同で様々な社会課題の解決をエンターテインメントの力で模索します(※)。本授業はワークショップ形式で実施され、ワークショップⅠ・Ⅱ・Ⅲ(第1QT、第2QT、第4QT)にて展開します。

1026日(火)から始まった第3弾のテーマ「情報格差の是正」は、【医療】と【通信事業】に焦点をあてたプロジェクトを提案。【医療】では、昨年度からご協力いただいている「Patient Empowerment Program(以下、PEP)」(主催:一般社団法人オンコロジー教育推進プロジェクト 理事長:福岡正博、所在地:東京都港区)の活動である「患者力(=患者自身の病気への理解力や情報の見極め方を上げていく力)」を普及させることを目的とした啓蒙活動(PR方法)、【通信事業】では、本学と連携協定を締結している「ソフトバンク株式会社」(代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮川 潤一、所在地:東京都港区、以下「ソフトバンク」)が推進する「デジタルデバイド解消のための取り組み~誰ひとり取り残さない 人にやさしい世の中に~」において、“企業が考えるイベントや講座の提案”について予選を行い、各テーマにつき3チームが1214日(火)に開催された決勝大会に進出し、プレゼンテーションにて論理性・独自性・新奇性・実現性・表現力の面から最優秀チームが選出されました。

それぞれの企業・団体より副賞として、企業でのプレスリリースへの掲載、アイデアの起用などの特典が用意される予定で、大学と実社会を行き来する先進的な取り組みとなっています。

▽こちらから開けます
2021-56_アーエン第4QT決勝 _校了のサムネイル