大学紹介

ABOUT TAISHO

最新ニュース

令和4年度 授業運営方針について(第二報)

学生・入学者・入学希望者
みなさまへ

令和4年度 授業運営方針について(第二報)

 「令和4年度 授業運営方針について(第一報)」(令和3年1223日付)でお知らせしましたとおり、本学は、令和4年度の授業について、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底したうえで、原則として対面にて実施します。
 ただし、授業内容により高い教育効果があると判断される一部の科目及び履修者数の多い科目については、オンデマンド配信を活用します。
 コロナ禍での授業運営経験から、私たちは、人と人とがつながることで学びが深まり、成長につながることを学び、対面授業の大切さを再認識しました。この認識をふまえて、令和4年度は、原則として対面授業を行います。新学期に備えて、通学及び対面授業を受講するために必要な準備を進めてください。
 今後の感染状況、国や東京都の要請及び社会情勢等により、本方針を変更せざるを得ない場合があります。その場合は、学生ポータルサイトT-Poや本学公式ホームページでお知らせします。
 新型コロナウイルスの変異株であるオミクロン株が猛威を振るっていますが、引き続き、予防行動、他者に感染をさせない行動を意識し、感染拡大の防止に努めてください。
 みなさまにおかれましては、ご理解とご協力をお願いします。
 キャンパスでお会いできることを楽しみにしています。

【特別配慮について】
 本学は、令和4年度春学期/第1クォーター・第2クォーターに対面で開講する授業において、以下に該当する学生に対して、可能な範囲でオンライン形式等による授業を提供し、在宅での受講を認める特別配慮を検討します。
 (1)新型コロナウイルスに感染することにより重症化しやすいとされる基礎疾患等があり通学が困難な学生
 (2)渡航制限・入国規制により本学への通学が不可能な外国人留学生

詳細については、学生ポータルサイトT-Poでお知らせします。
 

令和4年3月10日
大正大学 学長 髙橋秀裕