大学紹介

ABOUT TAISHO

最新ニュース

【プレスリリース】訪日外国人への魅力発信、情報弱者解消 産学連携プロジェクト 大学生の視点で日本の空港国際力向上PR企画進行中

大正大学 表現文化学科アート&エンターテインメントワークコースの授業「専門ゼミナールⅡ 社会課題・ブランディング(担当教員:外川智恵)」では、2020年度より、日本の空港国際力向上に向けたPR方策に関する共同研究を実施しています。今回、受講学生の3年生11名が昨年度までに立案した本企画の社会貢献活動としての価値と、話題性の有無についてニッポン放送報道部の畑中秀哉氏とディスカッションしました。

 畑中氏からは「情報発信の際は主語と述語はできるだけ近くし、センテンスを短くする。主旨は冒頭におき、5WHの優先度を明確にすること」など、報道に精通した方ならではのアドバイスを頂きました。

本企画では、アフターコロナを見据えて、訪日外国人の情報弱者問題に対処することを目的に、日本の地域の魅力を身近にアピールし、訪日外国人を強く惹き付ける方策を追究しています。様々な表現方法を学ぶ表現文化学科の大学生が、我が国を行き来する外国人の95%が利用する空港を体験実証の場として、表現力と価値観を活かした国際的な価値共創を目指すとともに、メディア等を積極的に活用したPR企画の立案に取り組みました。最終的には企業への提案を含め、実社会への実装を目標に展開しています。

▽こちらから開けます
2022-18_訪日外国人ディスカッションリリースのサムネイル