大学紹介

ABOUT TAISHO

史脈瑞應
―「近代説話」からの遍路―

史脈瑞應 ―「近代説話」からの遍路―

史脈瑞應
―「近代説話」からの遍路―

寺内大吉・永井路子著
本体価格1,900円+税
四六判並製 292頁
ISBN978-4-924297-27-2

本著の内容

歴史小説家の永井路子氏と僧侶でもあり作家でもある寺内大吉(成田有恒)氏の論述と対談からなる。
司馬遼太郎、黒岩重吾氏をはじめ、永井、寺内両氏等多くの直木賞作家が生まれた『近代説話』。その創刊の経緯、同人達のこと、さらに仏教文学を中心に、小説執筆の動機、二人の生い立ち、仏教と日本人などについて論じ語り合う。年齢を感じさせない二人の熱意が伝わる一冊。

目次

  1. 同人の戒めを犯す(はじめに)・・・寺内大吉
  2. 第1章 寺内大吉の生い立ちから「近代説話」まで
  3. 第2章 永井路子の生い立ちから「近代説話」まで
  4. 第3章 永井路子の身辺事情(対話)
  5. 第4章 文学の登竜門−懸賞小説と直木賞(対談)
  6. 第5章 永井路子の仏教文学(対談)
  7. 第6章 寺内大吉の仏教文学(対談)
  8. 第7章 仏教と日本人(対談)
  9. 今のうちに(あとがき)・・・永井路子