大学紹介

ABOUT TAISHO

日本語辞書学への序章

日本語辞書学への序章

日本語辞書学への序章

倉島 節尚 著
本体価格4,700円+税
A5判 413頁
ISBN 978-4-924297-57-9

本著の内容

  • 国語辞典はどのようにして作られているか
    ・・・項目選定,用例収集,編集方法,
    規範と慣用,電子辞書・・・
  • 辞書は文化史の記録と考える著者が、編集実務と理論の両面から平易に説いた辞書論集。
  • 現代国語辞典の『解体新書』 として、国語辞典がどのように作られているか研究するために最適な一冊。

本著の内容

序   日本語辞書学への道程

  1. 第1章 日本語辞書学総論
    1. 日本語辞書学の目指すもの
    2. 日本語の特性と辞書編集上の問題点
    3. 文化史の記録としての辞書
  2. 第2章 日本語辞書学各論
    1. 近代国語辞典の誕生と展開
    2. 国語辞典の編集
    3. 辞書における規範と慣用
    4. 辞書における規範と慣用 続考
    5. 辞書における規範と慣用 続々考
    6. 辞書の記述の規範性
    7. 語彙選定の方針と方法
    8. 辞書の項目数をめぐって
    9. 辞書編纂と専門用語
    10. 国語辞典の仏教用語
    11. 辞書と用例
    12. 漢字使用に関する一資料
      ―『大辞林』初版における使用漢字の実態と分析―
    13. 国語辞典とコンピューター
    14. 編集者から見た国語辞典のこれから
  3. 第3章 外国人による日本語研究―幕末編―