大学紹介

ABOUT TAISHO

ソーシャルワーク実習

ソーシャルワーク実習

ソーシャルワーク実習

大正大学人間学部社会福祉学科 編
本体価格1,700円+税
B5判 200頁
ISBN978-4-924297-76-0

本著の内容

「実践なくして理論の検証はできない」。大正7年(1918)の社会事業研究室創設以来の基本理念である。これをうけ継ぐ本学社会福祉学科がソーシャルワーカーを目指す学生におくるテキストの決定版。福祉領域の学術トレンドを踏まえたうえで、事前学習・事後学習の意義や計画書・実習ノートの記入例など、何故それが必要なのかを説いた後に具体的な方法を示す。現場からの声もコラムとして収録。

執筆者

編集・執筆分担(掲載順)
髙橋一弘(編集代表)
石川到覚 新保祐光(編集委員)
坂本智代枝 宮崎牧子 淺沼太郎 山田知子

●コラム執筆(掲載順)
石田芳朗 小野文人 工藤正樹 三石麻友美

目次

  1. 第1章 ソーシャルワーカーをめざして
  2. 第2章 ソーシャルワーカー養成カリキュラムにおける実習の位置づけ
  3. 第3章 ソーシャルワーク実習の意義とその概要
  4. 第4章 実習の基本的姿勢と留意点
          コラム:実習指導講師から一言
  5. 第5章 実習の事前学習
          コラム:実習指導講師から一言
  6. 第6章 実習計画書の作成について
  7. 第7章 実習オリエンテーション(実習事前訪問)
  8. 第8章 実習ノートの書き方
  9. 第9章 配属実習
  10. 第10章 個別支援計画の基礎と立案
  11. 第11章 実習スーパービジョン
  12. 第12章 実習の事後学習
  13. 第13章 実習場面の再構成をもちいた実習の振り返り
  14. 第14章 インターンシップと専門実習
  15. 第15章 社会福祉士・精神保健福祉士をめざして