学部・大学院

DEPARTMENT

このコースがめざすこと

自分の手で史料を調べ考察する実証史学

日本史コースでは、各時代について史料をもとに調べ考察し、日本史の課題にさまざまな方法でアプローチします。こうした課題解決に取り組む方法、答えを導き出す能力は、あらゆる仕事で必要になります。

教員の専門も古代・中世・近世・近現代と各時代を網羅。充実した教育・研究環境が整っています。特に古代王朝の政権から、貴族・武家の政治を経て近現代に至るまで、また中世・近世を中心とした仏教に関しては、古文書や文献資料を豊富に所蔵しています。

教育方針

ディプロマ・ポリシー(DP)

歴史学科は、大学が掲げている教育ビジョン「4つの人となる」を、生涯を通じて体得していこうとする学生を育成するために、歴史学科の教育課程を修了し、以下の資質・能力を備えた学生に学位を授与します。

知識技能
  1. 歴史についての幅広い知的好奇心をそなえ、専門的かつ広範な知識を身につけている。
  2. 日本史学、東洋史学、文化財・考古学の実証的な研究方法を身につけている。
思考判断表現
  1. 自らの学びの対象として設定した問題について、日本史学、東洋史学、文化財・考古学のいずれかの領域の研究方法を通じて解決することができる。
  2. 自らが学んだ知識や経験にもとづく考察を、客観的に口頭や文章で表現することができる。
関心意欲態度
  1. 日本史学、東洋史学、文化財・考古学の多様な学びを通じて、社会人としての責任や役割を主体的に果たそうとする姿勢を身につけている。
  2. 自らが学んだ領域を活かして、地域社会(コミュニティ)が抱える課題を他者と協働しながら解決しようとする意欲を有している。

カリキュラム・ポリシー(CP)

歴史学科は、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示した資質・能力を総合的に身につけている学生を育成するために、日本史コース、東洋史コース及び文化財・考古学コースにおいて、以下のカリキュラムを編成します。

教育内容
  1. 各専門分野における知識を体系的に修得するために、基礎部門の学科共通科目、応用部門の特講科目などを系統的に配置します。
  2. 各専門分野における研究方法の理解と実践を進めるため、専門別のゼミナールの他、選択科目として基礎研究科目などを配置します。
教育方法
  1. アクティブラーニング:主体的にものごとに向かう姿勢を身につけ、他者との協働によって問題を解決する能力を育成するために、アクティブラーニングなどを取り入れ、自ら発表したりディスカッションをする機会を設けます。
  2. 少人数教育:専門教育においては、歴史についての専門的な知識や実証的な研究方法を身につけるために、基礎ゼミナールや専門ゼミナールなどの少人数からなる集団を組織し、学習活動を進めます。
  3. 実習・フィールドワーク:自らの視野を広げ、情報収集や整理の技能を高めるために、地域社会の歴史的資源を活用し、実習やフィールドワークなどの学習機会を提供します。
  4. 卒業論文:卒業論文を全学科生に課すことにより、各自が研究目標を定め、学習成果を論理的・創造的に表現する機会をつくります。
評価
  1. 4年間の総括的な学習成果については、全学科生に課せられる卒業論文に対して、担当教員による評価と口述試験を行い、ディプロマ・ポリシーで示された資質・能力の達成状況を評価します。
  2. 卒業時には、カリキュラム改善の指標とするため、卒論ルーブリックや面接調査などにより学生生活全般に対する総括的評価を行い、カリキュラムのPDCAサイクルを推進します。

アドミッション・ポリシー(AP)

歴史学科は、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示した資質・能力を総合的に身につけている学生を育成するために、以下の資質・能力を備えた学生を求めます。

知識技能
  1. 高等学校で履修する地理歴史の内容を十分に理解している。
  2. 歴史学科の学びに必要な基礎的な知識・技能を有している。
思考判断表現
  1. 物事を順序立てて考えることができる。
  2. 多様な考え方を整理して説明することができる。
関心意欲態度
  1. 歴史や文化に関することに幅広く深い関心を持っている。
  2. 読む、聞く、書く、話す能力のさらなる向上やわかりやすい表現方法の習得に意欲を持っている。
  3. 自らの学びを通して、地域や社会に積極的に関わっていこうとする意欲を持っている。
  4. 研究・調査や実習などを通じて、他者への配慮を身につけようとする意欲を持っている。

カリキュラム

期待される主な進路

教員 / 公務員、図書館などの公的施設職員 / 文化財修復、美術関連、博物館・美術館 / マスコミ、出版関係 / 教育産業 / その他一般企業(企業の企画、調査部門、あわせて語学を習得し国際舞台での活躍も期待されます) ほか

歴史的史料や文化財を取り扱う仕事、教育関係など、文化を守り、継承していくための人材として、さまざまなフィールドが広がっています。また一般企業やマスコミなど、多彩な進路選択が可能です。

担当教員

名前 専門分野
教授 榎本淳一 日本古代史
佐々木倫朗 日本中・近世史
白木太一 西洋近代・近世史
原芳生 自然地理学
福井淳 日本近現代史
准教授 松本洋幸 日本近現代史
三浦龍昭 日本中世史
中川仁喜 近世仏教史
専任講師 木下昌規 日本中世史
櫛田 良道 近世江戸時代史、中世・近世の仏教史