学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

教員プロフィール

松本 洋幸マツモト ヒロユキ
文学部 歴史学科
任期制准教授

歴史学の醍醐味は「アナロジー(類推)」にあります。アナロジーとは、過去のある出来事と現在の状況との間で類似した物事の考え方、行動様式などを見つけ出し、自分の置かれた状況を再認識する、という行為です。現代社会を理解する多くのヒントが、日本近現代史には散りばめられています。学生の皆さんには、多くの歴史資料、とくに地域の近現代資料に触れることで、豊かな歴史感覚を持って欲しいと思います。

役職
学位 修士(比較社会文化)
専門 日本近現代史
専門に関する簡単な説明 現代社会のルーツとも言える1920~30年代の「戦間期」と呼ばれる時代の政治史・都市史を中心に研究しています。近年は、「近代水道の政治史」をテーマに、日本における近代水道の導入・普及の過程を通して、明治初期から昭和30年代までの近代日本の統治のあり方を問う研究をまとめているところです。
オフィスアワー 春学期:月曜日2限 秋学期:月曜日2限
研究分野 歴史,社会
出身地 福岡県
教員データベースURL http://acoffice.jp/tsuhp/KgApp?kyoinId=ymdygdoiggy